Lucignolo “蹴る”
かなり面白かった今回のLucignolo。
この番組は、なんというか、ちょっと変わった作りの若者向けドキュメンタリーといった感じ。今までにも何度か、カルチャトーレ関係の内容をご紹介したことがありました。先日のMoggi電話再現(記事こちら)とか。

実は昨夜のLucignoloは、“蹴る”(a calci)

蹴る。いろんな意味で。 ボールを蹴る、サッカー界へ蹴りを入れたスキャンダル、蹴り屋(カルチャトーレ)たちの生活(Gossip、酒、女、ドラッグ・・・)。

こちらは、昨日のStudio Apertoでの予告映像。
Studio Aperto8日

そして、今気がついたのですが、今年はなんと、Lucignoloの映像、(おそらくほぼ)すべてWebにUpしてくれているのです。親切だー(T_T)
Lucignolo

番組全体は、確か1時間半くらい。そのどれもが面白かったです。イタリア語わからないとかなり理解が厳しい映像もあるんだけど。
とりあえずめぼしいのをピックアップリンクすると:

オープニング・CovercianoとかLucignolo1(ネスタあり)

Covercianoに続々到着するナショナルチーム、そしてドイツへ出発まで
Lucignolo2(ネスタあり)

カルチャトーレたちの夜:ある元カルチャトーレの崩れた人生・Gossip
(ココとかボボとか数年前のだけどピッポの映像も登場)
Lucignolo3

トッティの復活Lucignolo4

こちらは子供たちのサッカー映像:Lucignolo5
何も考えずに無心にボールを追う目。
「カンナヴァーロ、僕のアイドルなんだから、あんなことしたら駄目だよ。」「リッピに言いたい。インザーギを出してあげて。」とお願いしてる少年たち。


実に、あらゆる角度からカルチョに目を向けたLucignolo, a calciでした。


ゆっくり時間取れたら、全部を覗いてみることをお奨めしますが・・・
↑の全体ページは、来週には差し換わってしまうと思うので、気に入ったヴィデオは個別にリンクしておいたほうがいいでしょう。

Zefiro Home
[PR]
by celeste13zefiro | 2006-06-09 20:38 | CALCIO
<< Mondiale 2006 i... 8日のニュースから >>