Basta camere singole
          ↑
もうシングルルームはやめだ!

こう決めたのは、ブラジルの監督Dunga。
ワールドカップの散々な成績、国民からチームへの批判諸々から、彼は
“選手同士の繋がりを強めるために”考えた。「選手たちはバラバラに部屋にいて、それぞれインターネットでチャットしているばかりだった。そうではなく、一緒に生活しながらグループを築き上げるのが重要だ。同じ部屋で過ごし、語り合うことで、お互いのアイディアや経験を交換できる。そしてより親しくなる。」

*********************

と書いてあったのがGazzetta。しかし記事はまだ続くのです(笑)。
だからこの内容Zefiroで取り上げるのだ。

*********************

・・・がしかし、様々な理由で一人でいる方を望む選手も少なくない。
フィリッポ・インザーギがアタランタで将来有望な若手選手だった頃、彼は睡眠が浅く、同僚たちを困らせていた。監督のEmiliano Mondonicoは、彼を個室に入れることを決めたのだった。
「寝ようとする前に・・・」1996年のインザーギは語っている。
「カルチョのことを考えるんだ。で、いつもはカルチョの夢を見るよ。」

**********************

ぶわはは~、ピッポファンの皆さんはきっとご存知なんでしょうね、こういう逸話。だからいつまで経ってもチームメイトは「遠い目」(By【コベルチャーノごるバカ日誌】⑤ろんりーゴル星人)なわけよね・・・納得。

あ、とりあえず記事の締めはここではありません(笑)。

***********************

しかし、同室になることで特別な友情が生まれることもある。Gianluca ZambrottaとZinedine Zidaneの場合がそう。
「ユーヴェにいた頃のジズーは僕たち若造に対してとても優しかった。いつでも僕たちの楽なように振舞ってくれた。静かだったけど僕よりは多くしゃべっていた、それにふざけるのが好きだった。僕らの部屋はシーンとしてて、夜は早くライトを消す日々、そしてカルチョのことは全然しゃべらなかった。」

1995年、Angelo PeruzziとFrancesco Toldoは、カンピオナートでのライバル(ユーヴェとフィオレンティーナ)だった。ナショナルチームでは同室に。
「アンジェロは同室者としてほんとに素晴らしいよ。死ぬほどわらかしてくれるし、ライバル意識なんてゼロだ。お互いはすぐにわかり合った。まるで昔から一緒にいたかのようにね。」


以上。

Zefiro Home

・・・そういう意味でも、“ボボピッポ”だったんだねぇ・・・
[PR]
by celeste13zefiro | 2006-10-10 05:30 | CALCIO
<< おもちろ応援幕Scudetto... 希望的予想 >>