インザーギ、愛を語る
b0091466_1848615.jpg

TGcomから:
今日のGazzetta dello Sportに、インザーギの記事。33歳、イタリアで最も熱望される男。しかしロッソネーロのアッタッカンテはシングルで満足している。
「これは僕が選択したんじゃない、偶然だ。」
「恋については、僕は苦しみ泣いた。でもそういうものだ:美しいものは人を苦しませ、泣かせる。」

「女性と長く付き合ったものの一つ・・・4ヶ月間Samantha De Grenetの恋人だった・・・今彼女は結婚して、子供がいる:彼女のために僕は嬉しいし、それだけの価値が彼女にはある。他のは作り話だ・・・」

インザーギは、現在のところ誰とも付き合っていない、そのために寂しいとも感じていない。
「僕は両親や弟と、僕の甥や友達と生きているんだから。」

カップルとしての将来について、彼は楽観している。
「もしかしたら明日、どうなるかわからないからね。」

何故なら、理想の女性は:
「探すものじゃない、きっと現れるはずだ。」

そしてそのとき、人生はすべてが変わる:
「ブロンドか褐色か、それは関係無い。美しさはあまり問題無いんだ。僕が欲しいのは“よいお母さん”で“妻”。僕は穏やかな人間なんだ。」

Sexについては、日曜試合前の土曜は決して無し。
「土曜日に、試したことは全然無い。合宿所ではこれはやっちゃいけないと思うし、それに(試合前日のSexが)いいか悪いかはともかく、というのは僕は悪くないと思っているけれど、規則は守るべきだと思うから。」

ロッソネーロのボンバーはそして、愛のために狂乱したことは一度も無いと語る:
「もし一人の女性を好きになったら、彼女のためなら何でもする。そして僕は、一目惚れを信じているんだ。」

真実の愛を待ちながら、インザーギはピッチの上で、女性ファンたちに夢を与えている。

Zefiro Home

夏に話題になった(って、しっかりキッスしてんだもんねー)Sofia以外に、すでにこの2週間でこの人とかあの人とかの名前が、Gossip誌やネットに登場しています。一人はココとも付き合ってた経験あり、だからツーショットなのだ。
[PR]
by celeste13zefiro | 2006-10-17 19:01 | MILAN
<< 今夜のスタメン 応援幕と大会 >>