一人だけお泊り好き
やっぱり・・・(笑)

こちらで先にお伝えしてあった例の「試合前日合宿所宿泊無し」の件、
今日のCorriere dello Sportにこんな書き方が・・・


=というわけで、明日から新しいページが開かれる、せめてミランにとっては。何人かの選手にとっては実にホッとさせられるありがたい決定、家族と夜を過ごすため、妻や子供を持つ者にとっては、試合の前に気持ちを落ち着けるための方法のひとつ。
他の者にとっては、何も変わらない:Filippo Inzaghi、たとえば彼はカルチョ道を相変わらずマニアックに極め続け、合宿所(お泊り)を喜んで受け入れていた選手。試合で使うかぎ爪を磨き上げるために。

Zefiro Home

TVのニュースでも「インザーギは別」と・・・( ̄ー ̄*)
今日の記者会見当番はヤンクロフスキでしたが、彼はちょうどお嬢ちゃんが9歳の誕生日で、土曜日に家に帰れることを格別喜んでいる様子。


追記;
そういえば、今日のGazzetta dello Sportではインテルのモラッティの
インタビュー記事があって、その中で彼はカルチョの諸々についてコメントしているんだけど、ミランのことを褒めていて、しかも「私の熱烈に好きな、インザーギのような選手がいるんだから。」と言っているらしい。
好きだったんだ~ピッポのこと・・・
[PR]
by celeste13zefiro | 2006-10-21 08:56 | MILAN
<< その小ささが悔しいとき ガットゥーゾインタビュー >>