こんなシーン
b0091466_058193.jpg

この二人のこんな風景、いつ以来?

しみじみ嬉しいじゃねぇか・・・



アタランタ戦に向けてのスタメン予想(byローカルTV)

        DIDA
    NESTA  BONERA
ODDO          JANKULOVSKI
       BROCCHI
 GATTUSO      SEEDORF
        KAKA'
 RONALDO    GILARDINO


ピルロは累積出場停止


今朝、ロナウドがロナウジーニョに電話をし「ミラン来いよ、いいぞ~」と誘ったというニュース。

ミランて、選手がそういう営業活動する(率先して行動する)の、全然認めないクラブスタイル持ってたんじゃなかったっけ?

**********************

今日、マルテンス医師の診察を受けたマルディーニ、改めて「手術の必要なし」と判断されました。


追記:
バイエルンのルシオとカーンがドーピング検査を拒否したということで、UEFAから罰があるのではないか・・・つまりチャンピョンズ対戦相手のミランに有利なことに? という話。
Gesto dell'ombrello(先日モラッティがやった、やっちゃいけないジェスチャーと同じ)のファンボメルはすでに2試合停止処分。


Zefiro Home

今日、Scherzi a Parte(ドッキリカメラみたいなもん)で、マテラッツィが出演。
うぁ・・・彼を引っ掛けるなんて、勇気あるなぁ>TV
ニュースでちょっと紹介されてた映像→Studio Aperto

慈善活動として、ある病気のインテリスタの青年を訪ね病院へ。彼はもう1年以上こん睡状態。
マテラッツィが枕元に座り、彼の手を握った途端・・・青年は目を覚ます!
驚いた医者が「このまままた眠りに入らないように、ずっと話しかけていてくれ」と言ったまま出て行ってしまう。
マルコは青年にユニフォームを渡す、その胸にはScudetto。
青年は「・・・俺たち、全然勝ったことないじゃないか・・・」(映像を見る会場大爆笑)そこでマテラッツィは、何十分も時間をかけてCalciopoliを説明し、インテルがスクデット獲得したとわからせる。

青年:
ミランは?

マテラッツィ:
8ポイントマイナスでスタートした

青年:
そりゃぁいい・・・
ワールドカップは?

マテラッツィ:
俺たちが獲ったよ

青年:
信じられない

マテラッツィ:
ほんとだって。俺もゴール決めた。

青年:
・・・信じない
対戦相手は?

マテラッツィ:
フランス。

青年:
信じられない。
今インテルはどうなってる?

マテラッツィ:
首位爆走

青年:
マルコ・・・俺は病気はしてるけど、アホウじゃないぞ・・・
(騙すなよっていう意味)

そこへ青年の両親が入ってくる。目を覚ましている息子に驚く。
息子はそして、両親のことは全く記憶に無い。
マテラッツィのことは覚えていても。

父親はマテラッツィを病室の外へ連れ出す。

父:
あんたはなんてことしてくれたんだ!!!
もう1年以上も眠っていたんだぞ。
それにいったいあんた誰だ? 何しにきた?

マテラッツィ:
息子さん目を覚ましてよかったじゃないですか。

父:
とんでもないっっ
今まで毎月3000ユーロの保険が入ってきていたのが、これで台無しになる。
私は無職で、これでは困るんだ!

マテラッツィはその無情な父に愕然・・・


・・・と、そこへ病気の青年が自力で歩いてやってくる。

そして「Scherzi a Parte!!!」



いや~~、意外に大爆笑だった。
これ、もしかしてYou tubeあたりでUpされたら、お奨めです。
マテラッツィの優しさと、病気青年役の彼の間合いがまるで漫才。


そういえば、マテラッツィとガットゥーゾがミラノの刑務所を訪問したそうですね。 どんな歓迎を受けたんだろうねー。


追記:
翌日昼のニュースで、更に少し映像が紹介されました。Studio Aperto
Videoはニュース全体30分くらいで、その一番最後の数分です。
これだけでも、かなり雰囲気つかめるかも。

皆さんも、もしかしたらYou tubeでMaterazziと検索して、そのうち見つかったら教えてくだされ。
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-03-17 01:09 | NESTA
<< Tatoo解説 Nazionale >>