Pagelle  Roma-Milan
現時点でUpされているネットやTV番組のPagelle。
試合後アンチェロッティは「ネスタは4ヶ月のストップから戻り素晴らしい試合をした。彼のプレイは非常に高いレベルのものだった。」と、そしてガッリアーニも「ネスタの試合は素晴らしかった(Strepitoso)。」

ローカル番組でも「一番いい動きをしてるのがネスタ」という声が多く、民放サッカー番組でもネスタの復帰&プレイを特筆。



TGcom

Dida:6  Favalli:5  Nesta:6.5  Cafu:5.5  Simic:5.5  Brocchi:5.5  Pirlo:6  Seedorf:5  Gattuso:無し  Kaka':5.5 Gourcuff:無し  Gilardino:6  Ronaldo:5.5

NESTA;6.5
非常にポジティヴな、ミラニスタ・ディフェンソーレの復帰。
多くの閉めのシーンの主役。


Kataweb(点数のみ)

Dida:6.5  Cafu:6  Simic:6  Nesta:6.5  Favalli:6  Brocchi:6  Pirlo:5.5  Kaka':6.5  Seedorf:5.5  
Gourcuff:無し  Oliveira:5  Gilardino:6.5  Ronaldo:6  Gattuso:無し
Ancelotti:6

Goal.com(点数のみ)

Dida:6.5  Cafu:6  Nesta:6.5  Simic:6  Favalli:6  Brocchi:6  Pirlo:5.5  Seedorf:5  Gourcuff:6  Kaka':6.5  Ronaldo:5.5  Gattuso:無し  Oliveira:5  Gilardino:6
Ancelotti:6


Goal.com 合格・不合格

Mexes:7

Nesta:6.5
試合前は、大きな疑問点だった、しかし今夜結局のところアンチェロッティにとって最も嬉しいポイントはこれだったかもしれない。
最初はもたついたが、その後はまずほとんどミス無し。シミッチと共にトッティをブロック。
チャンピョンズを考えると重要な復帰。


De Rossi:6.5

Kaka':6.5  

Taddei:6.5

Gilardino:6

Pirlo vs Pizarro:8
おそらく、我らのカンピオナートで最も優秀なRegistaたちの対決。チリ人(Pizarro)には素晴らしい試合前半、彼の周りでチーム全員が機能。ロッソネーロ(Pirlo)が力を見せたのはそれに反して後半。ジラルディーノへ同点ゴールのきっかけとなるセットプレー。ビッグアーティストの美しい決闘。

Tridente brasiliano(ブラジルトリオ):5
これがサプライズとなり、スパッレッティのディフェンス陣を苦しめるはずだった。しかし試合前半、苦しんだのはミランのほう。興味の持てるフレーズ(動き)もスピーディなコンビネーションも全く無し。ハーフタイムでこの見ていられないオリヴェイラをアンチェロッティはジラルディーノに、イタリア&ブラジルトリオに替える。こちらのほうがずっと危険を与えて決定的。

Oliveira:5

セットプレーでのミランのディフェンス陣:4
メクセスのゴールに対する不注意とセットプレーでのミランディフェンス陣の不安定。
ディダは、トッティが不正確だったことへ感謝しなければならない。

セットプレーでのミランの攻撃:8



Italia 1(民放)サッカー番組のネスタ評価:7


Zefiro Home
b0091466_8263245.jpg

民放のサッカー番組で、試合直後ピッチからネスタのコメントを流していた。
4ヶ月のストップ(その前に、去年からず~っとコンディションが不安+ワールドカップの不運も・・・)でついに復帰、しかもそれが対ローマ、オリンピコ、そしてプレイが良かったとなれば、記者も追うだろうし本人も嬉しそうな表情も見せそうなもんだけど、なんともまぁすっごい素っ気無さであった。
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-04-01 07:31 | Pagelle
<< 試合直後・復帰最初のインタビュー Campionato 30  ... >>