防衛隊を従えて
Corriere della Sera記事から:
(記者:Monica Colombo)

Atene:
「プロント、ピッポ? チャオ、私だ、会長だ。これから政治集会で君の町ピアチェンツァへ向かうところだ。
頼むぞ:ミランは君の腕にかかっている。リヴァプール戦で、決定的なゴールを決めてくれ。」
フィリッポ・インザーギの4度目のチャンピョンズ・リーグ決勝。アテネへ出発する数時間前、スタメンを務めるのも確かではないのだが、彼は約束する:「頑張ります、会長。頑張ってみます。」

ヨーロッパにおける自身の経歴に支えられたインザーギはシルヴィオ・ベルルスコーニに勝利を保証する。欧州カップですでに56ゴール、イタリア人として最多の。彼はすでに3度の決勝を経験、ミランでは2度(マンチェスター2003、インスタンブル2005)、そしてユヴェントゥスで1度(アムステルダム1998、レアル・マドリッドに敗戦)、特に彼はCavaliere(ベルルスコーニ)からすでに励ましの電話を受けている。「バイエルン・ミュンヘンとの第2戦の前に電話をくれた。おかげでパワーをもらえて、故障明けでコンディションは万全でもなかったけれど、2-0のゴール(2点目)を決めることができたんだ。」

ロッソネーロとしての試合出場はしかし9、スタメンはすでに決定したと語っているアンチェロッティだが、それを公表してはいないものの、迷いは残る。「最初からプレイするかどうかはわからない、でも全員にスペースは与えられると思う。」
ごく親しい仲間たちによる防衛隊に囲まれるSuperpippo。パパGiancarloはもちろん、決して離れたことのない友人たちBicioとToro、20年前に彼がヴァカンスでFerriere(ピアチェンツァの近くの丘の上)の町で知り合った仲間:共にボールを追い、ディスコへ通い、午後の間中カードで遊んでやるという我慢も請け負う。「あいつは緊張してる」声を揃えて友人たち。「でもそれが、あいつのパワーなんだ:ナーヴァスなエネルギーを爆発的パワーに変えることができる。そういう点ではあいつほどの人間は他にいない。」
Centravanti(ピッポ)は賞賛をかわし、試合開始の待ち時間を味わっている。再び主役として登場する可能性を知りながら。

2年前、驚くことにアンチェロッティは彼をTribunaに追いやった。今、状況は明らかに変わっている。「僕の周りに、大きな心の支えや応援を感じるんだ。僕は落ち着いている:チームの力をよくわかっているんだから。」 アッタッカンテは言う。彼を知る者はしかし、彼が過去と清算しなければならないものを抱えていると理解している。「控えとして出場したワールドカップを終えて、あいつはできることならこのチャンピョンズで歴史的なしるしを刻み、シーズンを締めたいと願っている。」 Superpippoの友人Bicioは語る。直接本人にそれを突くのは無駄だ。「僕はRiservato(慎重、控えめ、秘密を明かさない)タイプなんだ。」彼はそう言い、Cavaliereとの会話についてさえ、ほとんど語らない。「会長がどんなふうに僕に話してくれたかなんて、それは僕だけの中で大切にしたい。」
歴史が作られるのはもうすぐ。ただ、興奮で頭がばらばらにならないように無の状態に保つこと。
ミランが最後に耳のついたCoppa(チャンピョンズ)を獲得した年、インザーギはトータルで30ゴール、しかしマンチェスターの決勝では決めていない。チャンスはあったがブッフォンに弾かれてしまっている。「運命は、あのOld Traffordのゴールを僕に返してくれなくちゃ。」飛行機に搭乗する前に、彼は友人たちに囁いている。「みんな、6月はあけておけよ。もしチャンピョンズ勝ったら、全員を1週間Agadirに連れてってやるから。」

P氏の頭の中・・・ごるとCoppaだけだろな、今。
【夢よ 再び】ファイナル盛り上げ企画②

Zefiro Home

TVスポーツニュースから:

ミランは3人のコックが同行している。当然のごとく、何十キロものパスタ、ハム(生ハム、パルマハム、馬肉Bresaola・・・)、トマト缶、Parmigiano reggiano(かの有名なパルメザンチーズ)・・・
本日のメニュー

Parmigiana(チーズ)のリゾット
野菜のラグーのペンネ

スズキまたは仔牛肉

夜:
Orecchiette(耳たぶの形をしたパスタ)
Rigatoni(マカロニをおっきくしたみたいなパスタ)トマトソース

牛ひれ肉または舌平目
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-05-23 00:07 | MILAN
<< 決勝前日 トレーニング Caos Milan Atene >>