自分のためか国のためか
思いがけなく、他にも注目してるファンがいた、Azzurrini。
その後のニュースをちょっとだけ。

欧州選手権で敗退、残るは来年のオリンピックへ向けて1枠を争う試合(木曜日)だけとなった・・・そこで問題が。実に、チームのうち9人が、年齢制限でオリンピック出場不可能。ということは、試合へのモチヴェーションが非常に心配されている。

Raiのスポーツニュースで知ったんだけど、パッツィーニ(彼も年齢制限組)がこう口にしてしまったそう。
「僕は欧州選手権がやりたかったんだ。オリンピックは興味ない。」

これがちょっと議論になってしまったのかな?
ニュースで彼は詫び、釈明している。(VideoがUpされたらリンクします)
「試合に負けたばかりで落ち込んでいたので、思わずそう言ってしまった。間違っていた。北京を目指して力を尽くす。」


気持ちはわかる。
自分が試合に出られないんだから。

これは、お兄さんチームにも当然言える話。

ナショナルチームは、自分のためか、祖国のためか。


選手にもチームにも、それぞれの事情があるから、外から見ているファンには結局は適切な言葉は出てこない。

ただ、これだけは思う。
カルチャトーレたちはもう、自分だけのものじゃなくて公的存在なんだから、応援する者やF.I.G.C.や、外に対して誠実な態度を見せる義務があるんじゃないかな。クラブの圧力や、スポンサーや、それこそ公言はできない本人のコンディションとか、いろんな難しい問題はあるんだろうけど。

ま、そんな意見は、きれいごとかもしれません。

Zefiro Home

バレージのこの間の記事では、「私の時代は(ナショナルチーム復帰云々に)傍にF.I.G.C.がいた、しかし今は状況は変わってしまった。」と。また、現在のF.I.G.C.の威厳の無さは報道でかなり批判されてもいる。これも問題のひとつ?


追記:
年齢制限な9人は以下
Chiellini, Raggi, Aquilani, Lazzari, Rosina, Mantovani, Pazzini, Palladino, Padoin.

もひとつ追記:
かわいくて注目してたCriscito、まだSerieAで有名人になってないことからか、報道で彼の呼び方(正しい発音)がはっきりしていない。記者たちも「クリシート」「クリシト」で迷っている。
で、正しいのは「クリシト」(“リ”にアクセント)だそう。
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-06-20 03:35 | NAZIONALE
<< Nesta Capri 普通の男といえば >>