専門家のアドヴァイス
b0091466_3241948.jpg

Campione del Mondoの余韻をもう少し・・・



Sportweekワールドカップ・あれから1年特集号からもう一つ記事。
題して:
どうやって、恐れなく決定的なPKを蹴るか
b0091466_3262975.jpg

注意散漫、疲労、迷い。PKを蹴るカルチャトーレに最も危険な要素。イタリアの最高なスペシャリストの一人、ミラニスタのアンドレア・ピルロが、11mの距離からの恐れに負けないいくつかの方法をアドヴァイス。

●集中力
真っ先にやること:適切な集中力を見つける。PKを蹴るとき、僕の自制心すべてに命令する。何も、誰も決して聞かない見ない。そしてボールをゴールへ放り込むことだけを考える。

●シュート準備
シュートの前は、あんまり細かいことを考えない、本能でいく。蹴るまでスタンスを長くとりすぎない、3~4歩。ぎりぎりまでGKを見ること。それは相手の動きを見つめ、何をやろうとしているのかを先に判断するため。もし動かなければ、こちらが蹴るのをできるだけ遅らせる。

●メンタルの柔軟性
もしGKを土に倒すことができなければ、できるだけ強くゴール枠の角に蹴る。決して、主審の笛の前に「どこへ蹴る」と決めずに。でももし、自分が蹴ろうとしているアングルへGKが動いたのが見えたら速攻で方向を変える。

●心理的要素
決してPKを蹴ることを拒否しない。カルチャトーレが、PKを断らなければならないほどの状況は存在しない。そして、PKは「疲労」によって間違うことは有り得ない。そこへボールを置き、蹴るだけだ。

●シュート
それぞれのGKには特徴がある、どちらにしても彼らに一番難しいのは芝の上を滑るように行くボール。
どこへ蹴るかを決める時、GKの身長は絶対に計算に入れてはいけない:それは全く重要なことではない。

●練習
冷静沈着、集中力、テクニック、これらが良いRigorista(PK蹴る人)の基本条件。精神を静かに保つことは重要、でもボールを思うとおりの場所に蹴ることができるのは必要不可欠。なので、それを練習すること。

Zefiro Home
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-07-10 06:18 | NAZIONALE
<< Milan-Liverpool... Campioni del Mo... >>