Inzaghi, Inzaghi
試合が終わり、スタジアム傍の停留所から出ているTramに乗る。
私の後ろにいるお兄ちゃんが携帯で友達としゃべっている。
「どうだったって? 勝ったよ。結果?  インザーギ、インザーギ。」


( ̄ー ̄*)

そう。

ミランvsユヴェントス、勝利。 2-0
それを「Inzaghi, Inzaghi」ていうって、お洒落じゃないの( ̄ー ̄*)



(あ、念のため:1点目インザーギ、2点目インザーギっていう意味ね。繰り返してるんじゃなくて)




気持ちよく家路につく。



では、San SiroのTrofeo Berlusconi観戦(ていうかいろいろ)を振り返ってみよか。

今回はTrofeo TIMと違って、前の日にスタメンでネスタが確実とわかったので、急遽観戦を決める。
当日の朝にMilan Pointへ行きチケットを求めると・・・コンピューターのシステムがブロックしていて買えず。
ん~・・・スタジアムで当日券に切符売り場で並ぶの、苦手なんだけど。


ま、しょうがない。
諦めて、スタジアムへは切符売り場のオープンに合わせて早めに行く。

げげー・・・いっぱいいる・・・


(実に、このイヴェントに珍しく5万人の観衆が入ったらしい)


今日は、Anello Blu(Curvaのある)はやめる。Trofeo TIM入場の苦労はもうしたくない(笑)。
並び始める・・・けど、これは「並んでる」ってもんではない。ただ群がっている。押せ押せで集ってるだけ。イタリア人は行列が下手だ。(日本人は偉いと思うよ、マジに)
実に、2時間近く並んでチケットを購入。この時間が、この日最もきつかった。
変なこと言うけど、なんか私、自分のテリトリーに異常に神経質っていうか、見知らぬ人が必要以上に体を近づけてくるの、すっごく気持ち悪くなるんだ~(T□T)。だから人ごみはもちろん、日本の満員電車も全然駄目である(仕方ないからいつもラッシュ時を避けて早朝に電車に乗っていた)。私の後ろのおっさんがまた、すっごくべた~とくっついてくるやつで・・・本気で痴漢かと思ったくらい。その苦痛に耐え、周りの客たちと「私が先だった!」「いや違う!」の小競り合いまでやらされ・・・とにかくチケットを手に入れた。

入り口へ向かう。


チケットと身分証明のチェックを終えたら、次は所持品チェック。
カバンに入ってる折り畳み傘を取り出し、この女性の警官が「これは・・・」と言いだす。

えええ??  傘、駄目なのかー??  聞いてないよ(笑)

ていうか、朝大雨だったから持ってたんだけど、んじゃ雨降ってるときの観戦はどうすればいいっていうのさ???

警官がボスを呼び、ボスが「ん~、傘・・・傘・・・ん~・・・いっか」とか言う。


なんだよそれ!   (入れてよかったけど。 私の唯一の傘だし・笑)


ついでに、スーパーで買い物したものとかもごっそりカバンに入ってて、それ見た警官に笑われた・・・



数日前にいろいろ経験したので、学習した私は今回は昇る階段も間違えず、きっちり自分のAnelloに到着。

b0091466_16263682.jpg

家族連れがいっぱい、子供たちがいっぱい。 ほのぼの。


今日も撮影挑戦してみた、ネスタの表示。
b0091466_16265461.jpg

ひぃ・・・(T~T)。   悲しくなるほど下手だ、私。


スタメン

            DIDA
       NESTA    KALADZE
ODDO                 FAVALLI
            PIRLO
   GATTUSO       AMBROSINI
           SEEDORF
   GILARDINO      INZAGHI

アンチェロッティはこの試合を「本番前の最終リハーサル、だから現時点のベストメンバーで」と言っていて、ネスタが出ることはわかっていたけれど、ウォームアップに、前日の発表には入ってなかったインザーギが出てきたのでびっくり。嬉しいけど、んじゃ、誰が欠場なのか~??
・・・カカ’でした。(疲労のため温存)


試合が始まる。
選手たちが並び、握手してるところ。
左端がピッポ、その横がネスタ。
b0091466_16271452.jpg


プレイ開始前に、センターバックでネスタがカラーゼに「おぅ、頑張ろうぜ!」と声かけてハグしてるところ。
その直後にネスタはピルロともハグ。
b0091466_16273481.jpg

試合中は、撮影してもしょーがないので、一枚も無し。
これは、ネスタが試合後半途中で交代し、こっちのベンチへ入ってきたところ。
b0091466_16275335.jpg


これは表彰式。
b0091466_16282061.jpg


せっかく待っていたのに・・・ネスタ出てこないし。

こういうの、サボっていいのか~??

ていうか、何か急なトラブル発生とかじゃないよね??

********************************

試合は、数日前のTrofeo TIMと違って、かなり熱かった。
3つのチームで45分ずつ、どよよ~んと交互にプレイするより、はっきり対戦相手がわかってて、しかもミラン対ユヴェントゥス、お互いに燃えやすいシチュエーションだから?

私のいた席はもちろんそうだけど、ほとんどが、白黒と赤黒の混ぜこぜ状態。家族連ればっかり。それぞれの客(主にとーちゃん)がそれぞれに解説しながら観戦してる。「ブラーヴォ、セードルフ!」「そうだ、グルクフ、そのアイディアはいいぞ」「グランデ、カラーゼ」「ほらほら、あっちがフリーだからまわせ!」とかいう声を聞きながら・・・


そうそう、試合が始まる前に私のすぐ後ろで突然大きな声。

「PIPPOOOOO, SONO ARRIVATOOOOO!!!!!!」

「ぴっぽ~~!  俺が来たからな~~~!!!」である。

これが女性だったら、ZefiroのPさん応援隊に大顰蹙なんだが、おっさんであった(笑)。
「俺が来たぞー!」って、ユニークな応援文句だ(笑)
試合中もこのおっさんは「ぴっぽみ~お、ぴっぽみ~~お!!!」と、すんごいボリュームで叫んでいた。
子供たち同伴で来てたけど、それぞれ着てたユニはGattusoとKaka'だった(笑)。



ピッポが2ゴール。前半と後半でそれぞれに決めてくれ、あっちのゴール側に座ってた客にも、こっちのゴール側にいた客にも大サービス。大物である(爆)。

ところで、私はピッポが決めたってわかるまで時間がかかった。スピードありすぎて全然わからんよ~。
ピッポがゴールの後コーナーへ走り出して、はじめて「あ。ピッポだったんだー」とわかる。そして周りでは「Pippo Inzaghi Segna Per Noi...Oioioi...」が繰り返される。

試合後半のほうのゴールは、CKが最初ネスタかジラルディーノにバウンドしたもので、観衆の歓声と同時にネスタがジラルディーノにハグしたので、一瞬ネスタかジラルディーノが決めたとばっかり思ってしまったよ。
気がついたら、あっちに突進していくピッポがいた(笑)
ネスタは、「お前もよくやったよ」と、ジラにいいたかったんだな・・・



この日、実はとっても嬉しかったことのひとつがこれ。
私のすぐ近くに、ネスタのMaglia Azzurraを着てるTifosoがいた☆彡
b0091466_16284023.jpg
思わずこの子を抱きしめたくなった(笑)


おまけだす。
帰りに乗ったバスの停留所に・・・AS ROMAの落書き。ミラノでは珍しい。
b0091466_1629581.jpg

先にUpした→Trofeo Berlusconi試合画像
         Trofeo Berlusconi Pagelle

VINCERE E' SEMPRE BELLO!
b0091466_22352792.jpg

b0091466_22372258.jpg

b0091466_22345732.jpg

Zefiro Home
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-08-19 22:31 | MILAN
<< 勝利に酔い、再び酔うために燃える Trofeo Berlusco... >>