言行一致
速報:
アタランタ・ミランは、無観客で再試合に。


************************


Gazzetta dello Sportで今日はピルロのインタビュー記事が掲載されている。
こちらはGoal.comにUpされていたもの、を訳してご紹介。

Q:
(ワールドカップに続き)欧州選手権へも私たちを導いてくれるのですね。嬉しいですか?

Pirlo:
嬉しい。グラスゴーのような試合が必要だったんだ、僕たちのためにも、今のカルチョ・イタリアーノの現状にも。

Q:
ドナドーニの勝利でしたね。

P:
リッピの後を引き継ぐのは容易なことではない。ドナドーニは大きな経験が無かった、滑り出しの数試合は厳しいものだった。それから、皆がより力を出さなければということに気がついた。ドナドーニはとても成長した・・・

Q:
彼はどのようにして信頼を勝ち得たのでしょう?

P:
言うことと行動が一貫していること、何よりもまずそれ。彼は誰の顔色も伺わなかった。ナショナルチームを引退すると決めた者を取り戻そうと努力した、けれど後を追いかけることはしなかった。彼のその態度が、チームに残った者たちに力を与えた。

Q:
《年寄り》のパヌッチを呼び戻し、その彼が本戦出場権に繋がるゴールを決めた。

P:
これが、監督の力。名声や身分証明書(つまり年齢)など気にしなかった。よりコンディションのいい者を呼んだ。

Q:
ドナドーニのナショナルチームとリッピのそれではどのような違いが?

P:
(ドナドーニのは)より親近感がある。僕たちにはワールドカップのスピリッツが保たれているし、自分たちの力をよく知っている。それが、ベルリン(の決勝)の前には欠けていたこと。

Q:
欧州選手権のライバルを選んでください。

P:
フランス。

Q:
誰が一番輝くでしょうね? イブラヒモヴィッチ、クリスティアーノ・ロナウド、ルーニー・・・

P:
僕はとてもリベリーが好きだ。それとファブレガス。それとファン・ニステルローイもいる。

Q:
リッピによると、バロンドールは貴方ですが。

P:
Grazie。でも、あれはもはやカカ’のもの・・・彼にはそれだけの価値がある。決定的なゴールを決めている。

Q:
欧州選手権は、バロンドール2008のためにも非常に重要な舞台ですね。

P:
そう、また挑戦するつもりだ・・・
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-11-19 21:09 | NAZIONALE
<< Oscar del Calci... 仲良し >>