URAWA戦Pagelle 新聞から
b0091466_4422145.jpg
Corriere dello Sport
ディダ、ボールキャッチ不安定
ジラルディーノ、二度のPKを要求
カラーゼ、壁
ネスタ、2人分のプレイ  ピルロ苦しむ
Kaka':7.5  Seedorf:7  Ancelotti:7  Kaladze:6.5  Nesta:6.5  Ambrosini:6.5  Inzaghi:6.5  Jankulovski:6  Pirlo:6  Gattuso:6  Oddo:6  Gilardino:5.5  Dida:5

NESTA;6.5
マルディーニの品格とバレージの鋭い戦術を兼ね備えている。両者の後継者に相応しい。

Kaladze:6.5
巨大なWashingtonが、初めてボールを見つけ出すのはロッカールームで、試合終了後・・・

Ambrosini:6.5
いろんな仕事を少しずつ、しかもどれもうまくこなす。ヘッドでゴールチャンス。ピッチのあらゆるエリアでボールを磁石のように引きつける。

Inzaghi:6.5
ピッチへ入る瞬間のミラニスタファン(イタリア人もそうでない者も)の怒号、これが日本人たちを脅かす。Fuoriclasseらしき突進で、セードルフのゴールが容易くなるのを助ける。


TuttoSport
Dida:5.5  Oddo:5  Nesta:6  Kaladze:6.5  Jankulovski:6  Maldini:無し  Gattuso:6  Pirlo:6.5  Ambrosini:6.5  Seedorf:6.5  Brocchi:無し  Kaka':7  Gilardino:5  Inzaghi:6
Ancelotti:6.5

NESTA;6
敵へのファウルに対し厳しすぎるイエロー。日本人たちの攻撃の中身の薄さが彼の仕事を楽にする。最も重要なタックルは試合後半20分、NagaiのWashingtonへ向けたクロスを天使のような飛行で取り払ったもの。

Kaladze:6.5
常に相手より速め。そしてひとつもミス無し。閉めも完璧でタイミングよし。

Ancelotti:6.5
何故セードルフを降ろし、2トップにしなかったのかと問われるところ、オランダ人がゴール。その選択と忍耐は賞賛に値する。


il Giornale
Dida:5.5  Oddo:5.5  Nesta:6.5  Kaladze:7  Jankulovski:6  Maldini:無し  Gattuso:6  Pirlo:6  Ambrosini:6.5  Seedorf:6.5  Brocchi:無し  Kaka':7.5  Gilardino:5  Inzaghi:6
Ancelotti:7

NESTA;6.5
試合開始10分、ノーマルなファウルに対してイエローをくらう。それが彼に影響を与えることは無い。それどころか、余裕でWashington、Nagaiの襟首を掴み放り投げる。遠くに、骨抜きにして。

Kaladze:7
ブラジル人の大きな動物たち(攻撃陣)とのバトルでひとつも負け無し。すべてに先立ち、彼らをかき回し、まるでバスケットのポストマンのよう。
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-12-15 04:45 | Pagelle
<< AS Roma献血キャンペーン ぴるろへのしつもん >>