Inter戦Pagelle新聞各紙
b0091466_8185686.jpg
Corriere della Sera
ネスタとカラーゼ、最高の仕事


Dida:4  Oddo:5.5  Nesta:7.5  Kaladze:7  Maldini:5.5  Gattuso:5.5  Pirlo:7  Ambrosini:6  Kaka':6.5  Seedorf:5  Inzaghi:6  Emerson:5  Gilardino:5.5  Serginho:5
Ancelotti:6.5

NESTA;7.5
彼のエリアを誰も突破することはできない。イブラヒモヴィッチとの決闘はデルビーの醍醐味、スウェーデン人はこのロッソネーロのディフェンソーレの前を全く抜けられず、唯一のチャンスもそのシュートは高く。
しばしば相手に先立ち;また2-2の可能性もあったゴールチャンス、それはBocaの試合のものにも似ていた、がそこにはマテラッツィが。
最高のコンディションで今年を締める。

Kaladze:7
コンディション抜群。イブラヒモヴィッチはセンターを抜けるのに苦労する。唯一のミス、ヒメネスのシュート。

Maldini:5.5
54度目のデルビーにシミ:あのヘッドがカンビアッソの左へ落ちてしまう。それ以外は堅実な試合。

Gattuso:5.5
Yokohamaで受けた足首の故障から回復が間に合わず、試合前半しか耐えられない。

Pirlo:7
強力かつ引き締まった19mからのFKは素晴らしく、とても掴めるものではない。ミラニスタとして14個目のFK。試合最後までプレイ、いくつかのシーンでは、より良い結果に繋がってもよかったはず。

Inzagh:6
すぐにゴールチャンス。先制となるFKを獲得、キレのあるいくつかのプレイを見せる。足首を故障して試合後半からジラルディーノに交代。

Ancelotti:6.5
もしディダがミスしたとしても彼に責任は無い。ミランの4~5人のカンピオーネを配置し、最後の最後まで戦う。



La Gazzetta dello Sport

Dida:4 リボンをつけてプレゼント
Oddo:5 No Cross, No Party
Nesta:6.5 国境閉鎖
Kaladze:6.5 通行禁止
Maldini:5.5 シミ付きカピターノ
Gattuso:5.5 すっげー、疲れるでねぇかよ、ったく・・・
Pirlo:7 あそこに置く(と考えたら入れる)
Ambrosini:6.5 最後に落ちる(つまり一番最後まで頑張る男)
Kaka':6.5 少しだけどいい仕事
Seedorf:5.5 オランダ人は飛ばない(「飛ぶ(日本語では『さまよえる』オランダ人」という歌劇のパロディ)
Inzaghi:5.5 昼間のバンパイア
Ancelotti:6 やることはやりました

NESTA;6.5
イブラはそこを抜けられず。センターのディフェンスをきっちりと閉め、しかもゴールのチャンス。Tokyoのそれと同じ状況、だがここにはマテラッツィがいる。

Pirlo:7(最優秀)
見事なFKはともかく、唯一彼が試合を指揮しようと努める。MFとしての仕事を着実に、そして彼についてこないチームメイトたちに怒鳴りながら、最後の最後まで戦う。

Inzaghi:5.5
昼間の光では、バンパイアは噛み付くことができない。しかし誰がそれを責められようか。それに、先制となるFKを獲得したのは彼である。



Corriere dello Sport
カンビアッソの“復讐”
ネスタ耐える、オッド悲惨

Nesta:7  Pirlo:6.5  Kaladze:6  Ambrosini:6  Inzaghi:6  Gilardino:6  Serginho:6  Ancelotti:6  Maldini:5.5  Gattuso:5.5  Emerson:5.5 Seedorf:5.5  Kaka':5  Oddo:4.5  Dida:3.5

主審Morganti:5

NESTA;7
彼の性格なインターセプトや多くの嵐(非常に危ない場面)の中での明晰なプレイのおかげで、ぼろぼろな小屋(ミラン)はなんとか地面に立っている。

Pirlo:6.5
アカデミー賞ものシュート。FKのバロンドールは彼。ヒメネスのプッシュに苦しむ。

Inzaghi:6
45分間、仲間にボールをもらえず。にもかかわらず、彼のおかげでピルロのゴールが生まれたのである。

Dida:3.5
最優秀。インテルにとって。



TuttoSport
Dida:4  Oddo:5  Nesta:7  Kaladze:6  Maldini:5  Gattuso:5.5  Emerson:5  Pirlo:6.5  Ambrosini:6  Kaka':6  Seedorf:5.5  Serginho:5.5  Inzaghi:5.5  Gilardino:5.5
Ancelotti:5

NESTA;7
唯一、ただの一度もボールを見失わなかった。唯一、イブラヒモヴィッチとクルスをコントロール。唯一、デルビーがデルビーであるべきエネルギーを見せた。しかしそれが唯一だったため、結局彼の貢献が無駄な結果に。



il Giornale
Dida:2  Oddo:4  Nesta:7.5  Kaladze:7  Maldini:6  Gattuso:5  Pirlo:6.5  Ambrosini:6  Seedorf:5  Kaka':6  Inzaghi:5
Ancelotti:6

NESTA;7.5
この“巨像”に、ミランの顔を潰さぬよう、ディダの扉を壊さぬよう全員がすがりつく。まるで2人目のGKのようにプレイ。敵の攻撃陣を麻酔にかける。

Kaladze:7
必要なのは形とその質:どれも欠けていない。エリア内での防衛体制はきっちり。1本目のゴールには無防備:イブラの罠に嵌められる。

Pirlo:6.5
コレクションもののゴール。試合そのものは、クオリティの高いものとそうでないもののミックス。重要な試合にそうあるべく戦う、しかしインテルの選手たちのフィジカルに苦しめられる。



Controcampo(サッカー番組)
Ibrahimovic:5.5  Kaka':5.5  Julio Cesar:7  Dida:4  Cambiasso:8  Cruz:7.5  Pirlo:7  Jimenez:7  Ambrosini:5.5  Nesta:7.5(ミランで最優秀)
b0091466_8193891.jpg


今週のStriscione
ストックホルムには、「Pizza Maldini」てのがあるらしい~♪

これもおまけにリンクしとく→Striscia Figo
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-12-25 12:49 | Pagelle
<< ふー いず ざ べすと ぷれいやー? クリスマスヴァカンスへ >>