ネスタ記者会見 新聞記事から
TuttoSportからネスタ記者会見の記事:

Dubai.「そう、ナショナルチームとの別れが僕の現在のプレイに関係していると思う。」アレッサンドロ・ネスタはしばしば郷愁に浸る、特に欧州選手権やフランスとの対戦を思うたびに。しかしそのとき、少々考え直し、また自分自身への平穏を取り戻す。「ドナドーニとは、僕の(ナショナルチームに関する)決定を告げたとき以来話をしていない。もう終結してしまったことだと考えている:後戻りしたとして、僕自身がそれを喜べない。僕は今、再び継続してプレイすることができるようになった、これが僕の望んでいたことだ。あとは、皆へIn Bocca al Lupo(頑張れ)と言うだけ。」それに、世界で最も優秀なセンターバックの一人である彼の見るところ、イタリアにそのポジションが不足してはいない。「Ferrariがいる。素晴らしい形で復帰してきている。それにBarzagli、僕は常に彼のプレイが好きだったし、すでにMaglia Azzurra(ナショナルチームのユニフォームを着て)のスタメンとして充分やっていけることを示していると僕は考えている。」
おもしろいことに、ネスタは決勝でゴールを決めてきた選手。2003年のマンチェスターでのPK、そしてクラブ世界カップ、YOKOHAMAでのBoca Juniors戦にて2-1となるゴールを。「この間のゴールは僕にとって一番嬉しいものだった。何故なら、僕がアクションの中でゴールを決めるというのは滅多に無いことだから。でも、これらのことはすべて過ぎ去ったもの。これからカンピオナートのデリケートな時期に立ち向かわなければならないのだ。ホームで僕たちはまだ勝利が無い、これは歴史に残る(異例な)状況:今僕たちはそれを心配しなければならないんだ。挽回するためには、1月2月に行われる試合すべてに勝利することが望ましい、延期されていたもの(Atalanta, Reggina, Liovorno)も含めて。通常、ミランはこの時期非常にペースが上がる。4位獲得のために最も恐れているのはフィオレンティーナ、とにかくでも最後には目的を果たせると思っている。僕たちは最初に折れるチームを越えられるよう準備万端でなければ。」



Corriere dello Sportではミランに関してはディダの状態に重きがおかれており、ネスタの記者会見内容も、それらに関する部分を抜き取って掲載しているのみ。

(デルビーでカンビアッソのゴールの後の彼のリアクションがおそらくURAWA戦でのガットゥーゾのディダへの叱責と同じものかと訊かれた模様)「ノー、あれはディダへ向けたものではない。」と、ディフェンソーレは語る。「どちらにしても、ミランはあの試合で負けてはいけなかったというだけでなく、勝つこともできたはずだ。いろいろな意見を聞いたり記事を読んだりした、実のところ、あの試合でゴールを決められるような空気ではなかったんだ・・・前線(攻撃)はよくやっていた・・・もちろん、ディダは今よい時期を過ごしていない、でもこれは誰にでも起こり得ること。」

「僕たちの仕事での法則ははっきりしている:僕たちは毎日曜日に見せたプレイで評価されるということ。」

「今僕たちはカンピオナートのみに集中しなければならない。勝利しなければならないCoppaを獲得できた、これからは、チャンピョンズリーグ出場に値する4位を目指さなければ。できるだけ早くにその位置に到達するためには、1月に予定されている5試合すべてを勝つようにすること、延期されていた対戦も含めて。」


Zefiro Home

記者たちの、「ネタになりそうな発言を引き出そうとする質問」に、ごく普通の至極当然な答えばかりを返すネスタの姿は、新聞が読者の興味を引くにはインパクトが弱すぎるということなのでしょう、TVのニュースでも新聞でも扱いはちょびっとだけ。まぁそれがネスタらしいということでもあり。(↑のTuttoSport記事も、書き手が妙にメランコリーな雰囲気を作り出そうとしてちょっと気持ち悪い)

ローカルTVの朝の番組で金曜日、面白いことに何人もの視聴者が電話で訴えていた。「あんたたちの番組ずっと見てきたが、毎日毎日ロナウド、アドリアーノ、ロナウド、アドリアーノって、そればっかりしゃべってて間違ってると思わないか?カンピオナートには他の選手も大勢いるんだ。いい加減にしないと、もう番組見るの止めるぞ!」

ジャーナリストは「いやそれが今一番注目の話題ですから・・・」と返していたけれど、本気でそうとしか見えないマスコミも大変だ。

****************************

追記:
今日のDubaiの様子を伝える現地の記者によると、インザーギはデルビーで痛めた左足の回復がいまひとつなのに加えて、腎臓結石で病院へ運ばれたそう。重いものではないということだけど。
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-01-06 01:52 | NESTA
<< 18歳の時は 靴 >>