Meerssemanが伝えるには
昨日Milan ChannelでドクターMeerssemanが語った様子が新聞各紙に掲載されていて、それらからピックアップしてここに。

*****************

Pato:
「おそらく2~3週間で回復するだろう。もし我々が幸運なら2週間。日曜の夜(Fiorentina戦)では彼は酷く悲観していた。これほど激しい痛みは経験したことがないと言っていた。今は落ち着いている。」
腫れがあまり無いことも良い兆し。
「付け加えておきたいのは、フィレンツェのスタジアムで、カフーがパトをまるで自分の息子のように抱きかかえ、2階の階段を歩いていったこと。それには私も感動させられた。」
ポジティヴな予想通りだと、パトはパルマ戦のベンチへは入れることに。そしてアーセナル戦にはスタメンで。

Inzaghiにすがる:
ロナウドに関しては、彼個人のFisioterapistaが付いているのでMeerssemanには語れない様子。
「インザーギは、来週はプレイできると本人は確信している。水曜日に検討することに。」

Gattuso回復に向かう:
「ガットゥーゾは今朝(月曜の朝)、私を怯えさせた」冗談交じりにMeersseman。
「彼自身は、もう今にでもプレイしたいというところ。しかし回復するには生物学的に必要な時間があるのだ。15日間で復帰かと? ノー。慎重に見たほうがよい。リーノは彼自身の余りある活力から保護されなければならない。少なくとも3週間は待たなければ。」
しかしミランでは、対アーセナル第一戦では早々とガットゥーゾが登場しないとは限らないことを予想する者も。

Kakaはストップさせるべき:
カカ’はフィレンツェで左膝に違和感を持ち途中交代している。
「臀部の間接に繋がる筋肉の炎症。この状態は毎練習前後にFisioterapiaで処置していくしかない。重い症状ではないが、注意深くチェックしていなければならないもの。唯一の解決法は、3、4、5ヶ月ストップしてきっちりと回復するまで治療すること、たとえ確実に問題が解決できるかどうかわからないとしても。今のところは、このままで前進するのみ。」

Seedorfは様子を見ながら:
このオランダ人も、フィレンツェで左足首に痛みを抱え交代している。
「もう何年も問題を抱えている箇所。用心深く対処しなければ。明日(つまり火曜日)とにかくMilanLabへ来るので状態を検査する。どちらにしても、彼もカカ’も、特に問題が起きなければシエナ戦では出場できる」

********************

ミラネッロは今日まで休みなので、あまり詳しいニュースは出てこないと思うけど、何かわかったら追記する。

今日ミラネッロに来ていたのはガットゥーゾ、ヤンクロフスキ、パト。
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-02-06 02:39 | MILAN
<< New Nazionale Fiorentina戦Page... >>