Gattuso、語る
今朝、チャリティで子供達とサッカーを楽しむイヴェントに参加したガットゥーゾ。
Mediasetのマイクに答えている。Video

Gattuso、ローマ、そしてスクデット
デリケートな試合になる。でも4位はローマ戦だけで争ってるわけではない。残りの11試合のうちのひとつ、そのどれもを俺たちは出来る限り力を尽くさなければならない。しかしそれでも戦いに挑む相手は、今イタリアで最強のチーム。ポイントを獲得して家へ帰ってこれるようにしなければ。ローマはまだスクデットを狙えると思う。11試合の間に6ポイントなんてのはたいした差ではない・・・それに、ローマは本物のチームであることを、彼らが真剣に戦えば、すべてのチームを倒すことができることを示した。

Gattusoと4位
俺たちは今、4位到達という重要な目標を持っている。何故なら来年、リスペクトは持ちつつ言わせてもらうが俺たちがBratislavaやBulgariaへ戦いに行くってのはしたくないから・・・。Coppa UEFAは悲しいものだ、俺たちは他の舞台に立ち慣れているんだ。フィオレンティーナが通過したというのは、(ミランへの)ちょっとした助けになるだろう。俺たちの敵に試合数があればあるほど俺たちには有利だ。このラストスプリントの間に欧州のレベルでも戦うというのはキツいもんだ。俺たちがいい状態のときを過ごしてないのはわかっている、しかし、トレーニングができれば結果は出る、それを俺たちは今やっている。

Gattusoとメルカート
補強ってのが何を言うのかわからん・・・補強は4~5人の選手を変えるだけでいいのか?実際のところは、ここ数年俺たちは多くの勝利を得てきて、クラブは何か新しいものを求めているんだ、普通のことだ。シェフチェンコ?この2年、俺たちがシェヴァを望んでないと言われてきた・・・しかしクラブが何かをしたいと望んだら、それは実行される。今、クラブはシェヴァをミランに呼び戻そうとし、それが重要な助けになるというのなら、喜んで来てもらえばいい。俺たちは、シェヴァの復帰で得るのはポジティヴなものだけ。彼はこの2年、自身の力を表すことができなかった、もし戻るというのなら、その闘志は相当なもんなんだろう。俺たちにとっては有難いことだ。しかし、グランデなアッタッカンテが1人来るだけでなく、チーム補強にはまだ他にも選手が必要だろう。名前を挙げるのは好きじゃない、が、メルカートにグランデな選手が登場したら、ミランが獲得するのは正しいことだ。ドログバ、たとえば彼はチームのクオリティを跳躍させてくれる選手の一人。それと俺はトーニが好きだ。チームの力になる男、たった一人で陣営を務められる。フェルナンド・トーレス?グランデなボンバーとは見なされていなかった、ところが今年はまさにグランデになり得るということを示した。

Gattusoとロナウド
ロナウドはちょっとアゴヒゲつけてきたな・・・もちろん、彼ほどのグランデなカンピオーネがベンチに座ってるのを見るのはつらいものだ。ロナウドは彼そのものがカルチョだ。彼の契約更新に関しては、クラブが決めなければならないこと。でも、もし調子がいいと感じるのなら、ロナウドは契約更新しミランに残るべきだ。だが、無理しては駄目だ。俺は、ロナウドはもし本人が調子がいいと確信持てたときのみ、ここに残ると決めるだろうと信じている。状態が悪ければ、どんな契約も受け入れないだろう。彼はFenomeno(怪物=天才)だ。マルディーニ?まだ続けたいと表明している、何故なら調子が良いと本人が感じているから。毎日トレーニングできていて、膝の痛みは無い。ピッチに上がるとチームで優秀なプレイをするうちの一人。まだロッカールームで(チームの)仲間でいることを続けたいと願っている。


追記:
私が読んだMediasetの記事には無かったのだけど、インタビュー映像でガットゥーゾが語った、けっこう大事な部分と思われる発言。これはミランオフィシャルにも掲載されていたけど。

「ロナウドは最初の故障の後、もう(以前の)ロナウドではなかった。しかし彼の力の40%でプレイして、それだけでも充分素晴らしさを見せていた。」
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-03-13 22:50 | MILAN
<< Rino's List Milanistaの十戒 >>