Torino戦Pagelle by各新聞
b0091466_530368.jpg
Corriere dello Sport
Pato:7  Kalac:6.5  Kaladze:6.5  Maldini:6.5  Oddo:6  Nesta:6  Gattuso:6  Brocchi:6  Ambrosini:6  Seedorf:6  Gilardino:6  Ancelotti:6  Pirlo:5.5

NESTA;6
コンディションはベストではない。持ち前の底力に助けを借りる。

Pato:7
カンピオナート7ゴール目、そのどれもが決定的。彼はかなり自分自身のためにプレイしている、しかしミランは彼無しでは4位のポストさえ希望を失ってしまうのである。

Kaladze:6.5
トリノの先制点になったかもしれなかったRosinaのシュートに対しての救助は神がかり。

Ancelotti:6
パトが復活祭と順位を救う。しかし、これからはタブーが待っている:San Siroという。

Pirlo:5.5
もはや、以前の彼ではない。しかしアンチェロッティは代わりを持たないのだ。



TuttoSport
パトは後半にやっと目を覚ます。ジラルディーノも同じく。
カラーゼ確実。

Kalac:6.5  Oddo:6  Nesta:6  Kaladze:6.5  Maldini:6.5  Gattuso:6  Brocchi:6  Pirlo:6  Ambrosini:6  Seedorf:6  Pato:6  Gilardino:6
Ancelotti:6

NESTA;6
頑強に戦いを挑むStelloneに苦しむ、エリア内では彼を防ぐため少々荒いやり方をも選ぶ。攻撃では美しいヘッド、がFontanaにきっちりブロックされる。少しずつ挽回し最終的には及第点。

Kaladze:6.5
そのリアクションと活力においてはセンターの相棒に勝る。その上、カラツと同じく決定的なシーンを救う:後半開始後、Rosinaのエリア内のシュートに身を投じ、トリノの1-0となる可能性を阻む。



il Giornale
Kalac:6  Oddo:6  Nesta:5.5  Kaladze:6.5  Maldini:7  Favalli:無し  Gattuso:6  Brocchi:6  Pirlo:6.5  Ambrosini:6  Seedorf:6.5  Gilardino:6  Pato:6
Ancelotti:6

NESTA;5.5
幾度かその不正確さが危険を呼ぶことに。

Kaladze:6.5
後半開始後、Rosinaの攻撃から救うプレイは素晴らしい。注意深い。

Maldini:7
前へ押し出していくプレイには品格の煌き。交代でピッチを去るとき、スタジアム中からスタンディング・オヴェーション。

Pirlo:6.5
FKで試合を決めようと挑戦。残りは平凡な動きに留まる。

Seedorf:6.5
スリッパを履いたまま(ぼんやりした)プレイ。しかし彼の脅威はアクションの中よりもセットプレーから生まれる。ゴール枠に当て、Fontanaに弾かれ。

Gilardino:6
慎重にボールを守る、がゴールを決めようというシーンになると見ていられない。しかし、先制点には彼のアクションが決定的。

b0091466_16452696.jpg


il Giornale紙といえば、ミラン担当の記者Franco Ordine氏が、ローカルTVのサッカー番組特別版でインタビューを受けていた。現在復活祭のヴァカンス中なイタリアだけど、こういう休みの時、通常の番組じゃなくて、「記者が記者にインタビュー」とか「元選手やクラブマネージャーに」とか、30分~1時間の濃いトーク企画が用意されてて流れる。普段では聞けないちょっと面白い裏話などを楽しめるのが特色なのだ。

で、そのOrdineおじさんがしゃべっていた。
「・・・私はね、この間YOKOHAMAへ(クラブ世界カップ取材で)行ったとき、もうまるで少年のように楽しく過ごせたんだよ。何故なら、毎日毎日ミランの練習風景を眺めることができたから。これはミラネッロでさえ、我々には常に許可してもらえるわけじゃないものだ。・・・」

ハハハ、YOKOHAMAのあれ、歓喜しながら練習を堪能していたのは日本のファンだけではなく、まさにイタリアのジャーナリスト達も、同じ気持ちだったんだね~。
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-03-24 05:42 | Pagelle
<< Zambrotta in GQ 女子大生の好きな・・・ >>