Atalanta戦Pagelle
Datasport
Kalac:6  Kaladze:5.5  Favalli:5.5  Nesta:5  Maldini:6.5  Oddo:5  Brocchi:5.5  Ambrosini:6  Pirlo:5.5  Seedorf:5  Gattuso:5.5  Gilardino:5  Pato:5.5  Paloschi:6

NESTA;5
敵の攻撃陣のスピードにかなり苦しむ。試合終了前に無駄なレッドカードを喰らい、選手数でチームメイトを不利な状況に陥れてしまう。

Maldini:6.5
チームで最も優秀なうちの一人。試合終了間際にしばしばゴールへ向かいクロスを送り、また彼自身のゴールで試合がまたわからなくなるチャンスをももたらす。

Ambrosini:6
いつものことだが、ピッチの上でのグラディエーター。チームで数少なく、最後の最後まで戦った者の一人。1-2となるゴールを決め(しかし取り消され)、同点となる可能性のPKを獲得。

Pirlo:5.5
パスがかなり不正確。試合終わり近くの15分を除くとほとんど前へ進めず。90分に、同点となるはずだったPKを信じられないミス。

Seedorf:5
すべてミス、簡単なパスさえも。いつものセードルフではない、San Siroは彼に容赦なくブーイングの嵐。

Gattuso:5.5
試合開始直後はうまく前進しチャンスボールをゴールへ向かって蹴る。先制されてから彼はピッチ中盤で動けなくなり試合の流れから取り残される。後半はブロッキ投入後サイドバックも務める、しかし結果は良いものではない。

Pato:5.5
試合前半では数少ない及第点の選手。後半は完全に消える。

Paloschi:6
彼が入ることでRossoneroの攻撃がより重圧を増す。自身のためにも仲間のためにもチャンスを創り出す力。



SportMediaset
Kalac:5.5  Oddo:4  Brocchi:6  Nesta:4.5  Maldini:5.5  Favalli:4  Kaladze:5.5  Gattuso:6.5  Pirlo:5  Ambrosini:6.5  Seedorf:5  Gilardino:5  Paloschi:6.5  Pato:5.5

Gattuso:6.5
領地無き君主、Coppolaの守るエリアで最も危険を与えていた。試合前半ヘッドでゴールを狙う、後半は右で、決まれば試合がわからなくなっていたはず。

Paloschi:6.5
その表情には汚れさえ見られない天使、しかしプレイは脅威。うつらうつらと眠り込むグループに激しい怒りの闘争心を注ぎ込む。ゴールのチャンスが2度、その血の中にゴールのセンスと、仲間をカバーする愛他主義も兼ね備える。

Pirlo:5
ボールをCoppolaのグラブの中へ送り込む。同点が更なる失敗を防ぐ可能性も、このMFに長いこと足りなかった及第点もたらす可能性もあったのだが。
b0091466_532468.jpg



Kataweb
Kalac:6  Oddo:5  Brocchi:6  Nesta:5.5  Maldini:6  Favalli:5  Kaladze:6  Gattuso:5  Pirlo:5.5  Ambrosini:6  Seedorf:5.5  Pato:5.5  Gilardino:5  Paloschi:6.5
Ancelotti:5

b0091466_4473146.jpg

Goal.com
Kalac:6  Oddo:5  Brocchi:6  Nesta:6  Maldini:6  Favalli:5.5  Kaladze:6  Gattuso:6.5  Pirlo:5  Ambrosini:6.5  Seedorf:5  Gilardino:5  Paloschi:6.5  Pato:5
Ancelotti:5.5 


Goal.com合格・不合格
Floccari:7.5
全くボールを無駄にしない。ジラルディーノは彼に見習うべき。

Ambrosini:6.5
いつものとおり、ミランで最後に諦める男。試合終了前にはFWにもなり、Coppolaの守るゴール前に何度も危険を呼ぶ。決めたゴールを取り消され、PKを獲得。皆が彼のようであれば・・・

Coppola:7.5
ブロック、ブロック、またブロック。試合を通してRossoneroの攻撃のすべてを確実に止めていた。PKでは素晴らしいプレイ。考えてみれば、ミランの保有する選手なのである。

Ferreira Pinto&Langella:7

Pirlo&Seedorf:5
ミランの長年の継続のシンボルであり、Rossoneroが大成功を収め欧州を驚かせた偉業の数々のシンボルでもある。そしてまた、現在のアンチェロッティのチームの困難のシンボル。スピードは遅く、予想のつく動き、常に他との違いを見せていた彼らの品格の煌きも無し。ピルロはしかもPKをミスすることで更に罪が重く。

Pato&Gilardino:5
今回に関してはPapero(パト)も救えない状態。ジラルディーノは、トリノ戦に復活が見られたあとの再び落第点。パロスキ(6.5)のほうが、この2人が揃ったよりも一人で多く仕事をする。

Doni:5.5

b0091466_4481389.jpg

その手。手の握り方がピッポしてる。
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-03-31 04:38 | Pagelle
<< SUPERPIPPO もっとがんばりましょう >>