カカ’・インタビュー
Corriere della Seraから、カカ’・インタビューをご紹介。


Q:
Ricardo Kaka'、ミランはこのところ3度のDerbyに敗戦、そして今カンピオナートではインテルに23ポイント離されています。情けない状況ですね。

Kaka':
本当に、僕たちにとってはこれが逆だったらいいんだけど。過去に何度も起こったように。今の時点では、日曜に勝利してインテルのFesta(お祝い)を先延ばしにするよう、自分たちがチャンピョンズへ行けるよう目指すだけ。

Q:
貴方たちのシーズンに点をつけるとしたら?

K:
僕たちはSupercoppa Europea、クラブ世界カップに優勝した。ポジティヴなこともいろいろあった。ネガティヴなのは、カンピオナートの状況とチャンピョンズリーグ敗退。ということで、評価としては7.5。

Q:
インテルが貴方たちのホームでスクデットを、貴方たちのTifosiの目の前で獲得するという可能性は、貴方にとっては煩わしいもの?

K:
インテルからスクデットを奪い取るのは難しいし、もちろんこれは僕たちがやれることではない。理想的なのは、彼らのFestaを先延ばしにすること。

Q:
マテラッツィにとっては(昨日Corriere della Seraインタビュー)インテルは3連続スクデット獲得を準備しているということ。貴方はどう思われますか?

K:
彼らは3つのスクデットを勝利したとは言える、でもそれは醜いことだ。僕だったら絶対に言えないだろう。スクデットは、彼らはピッチの上で勝利したのは2つ、もう1つは他のチームにより価値のあったものだ。

Q:
インテルの強さといったら何でしょう?

K:
グループ。カンピオナートを勝利するためには同じレベルで24~25人の選手が必要。インテルでは誰がプレイしても、ほとんどレベルが変わらない。
(訳者注:この選手のレベルに関してはカカ’も何人かのミランの選手も強く意見している。Corriere dello Sport記者Furio Fedeleは言う:『ミランには、ミランAとミランCがある。インテルにはしかしインテルA1とインテルA2がある。それが違いだ』。的を射た表現だと思う)

Q:
貴方たちは?

K:
僕たちは一つの選択をした。日本に重点を置き、結局それがハンディになった。他のチームが休んでいる間、僕たちは試合を取り戻さなければならなかった。

Q:
今の時点でミランは、インテルより何か勝っているものが?

K:
僕たちはよりコンディションが良く、信じられないパワーのインザーギを取り戻した。ピッポは常に信じている。一つのボールさえもほっておかないんだ。

Q:
貴方の12度目のデルビーを、どうイメージしますか?

K:
インテルを倒すことを夢見てるというか希望してるというか、そしてフィオレンティーナがカッリアリでストップすることを願いつつ。

Q:
これもCorriereのインタビューでですが、マテラッツィはインテルが不利だと。何故なら世界チャンピョンを前にしているから。しかし、カルチョでは弱いチームが相手を覆すということが起こりうると添えています。何でしょうね、これは?

K:
皮肉だ、もちろん・・・。コメントは全く無し。

Q:
インテリスタで一番尊敬しているのは?

K:
僕はカピターノ、サネッティがとても好き。それからカンビアッソ、彼はブラボーだ。でももし、インテルから外したい選手といったら、僕はマイコンを選びたい。

Q:
一番親しみやすいのは?

K:
フリオ・セーザル。すごく楽しいやつ。ナショナルチームで一緒のときは笑い話をいっぱいしてくれる。いろんな話を、そう、いつもしゃべってばかり。

Q:
インテルとミランのブラジル人同士の関係は?

K:
いい。よく連絡を取り合って、会ったりしている。僕は今のところ前ほどではなくなってるんだけど、それは息子がもうすぐ生まれるから。子供たちのパーティには皆いつも一緒にいる。子供がいる選手は、子供のバースデイパーティには皆を呼ぶんだ。

Q:
貴方にとってマンチーニは親しみやすいですか?

K:
僕にはYesだ。一度空港で、もう一度はレストランで会っている。僕には有能な人物に思える。

Q:
インテルはいい試合をする?または幾人かが指摘しているように、悪い試合をしている?

K:
彼らのカルチョは堅実。僕も堅実なのが好きだ、でもローマはよりスペクタクルなカルチョをしている。

Q:
この(デルビー前の)週の街はどうですか?

K:
人は道端で僕を呼び止め応援の声をかけてくれる:日曜日に僕たちは勝たなければ。インテリスタたちも僕を呼び止める:頼むよ、変なことしないでくれよと。ここミラノは、両方のTifosiがとても穏やかな状態を保っている。

Q:
シルヴィオ・ベルルスコーニ、貴方の会長は、Superlegaという発案をしました。ビッグクラブだけが参加する大会を。Provinciaのチームを排除し、より多くのTifosiでと。それに同意されますか?

K:
僕は中立。僕にとってはSerie Aの20チームは多すぎる。これを16チームに減らすことができる。この16の中で小さなチームがビッグチームよりいい試合をすれば、充分にそのリーグにいる価値がある。

Q:
先日の選挙を追っておられましたか?ベルルスコーニは新首相になります。

K:
政治は僕の好みのことではない。選挙を追うのは、情報を得たり世論を知るため。

Q:
中道右派が勝利するのを導いたテーマの中には「安全」がありました。貴方はミラノで安全を感じていますか?

K:
僕はブラジルからやってきている、ブラジルには誘拐や強盗が多発する。イタリアに比べるとこれはもう全く違うものだ。でも僕がミラノに初めて来たとき、街の道々にはほとんど(浮浪の)子供がいなかった、今彼らの数は膨大に増えている。僕が思うに、暴力はそんなところから起きている、寛容過ぎるところから。何も起こってないように見えたら人は好き放題何でもする。信号で止まればそこで強盗が起こる(訳者注:おそらくこれは、不正作動する信号を設置し、通行者(車)から罰金を掠め取ろうという者が多いことを言っていると思われ)。これらのことはすぐに排除されなければ。

Q:
カカ’、来年のミランのカピターノは誰でしょう?

K:
僕は列の一番後ろ。これのことで争いたくはない。リーダーであるにはいろいろなやり方がある。とにかく、Fascia(キャプテンマーク)は、そのうちには絶対ほしい。それが来年ならいいし、もちろん全員が納得してということなら。

Q:
ロナウドに何が起こったのでしょう?

K:
貴方たちと同じことしか知らない、新聞で読んだだけ。彼とは話ができなかった、電話をすべて切ってしまっている。いい状況ではない。本当に厳しいことになっている。
ロナウジーニョについて? この数日は話をしていないけれど、彼がミランへ来たいと望んでることは知っている。

Q:
しかし、彼はよりインテルのほうに必要な選手だと言う者も。

K:
どちらにも必要な選手だと思う。でももしミランに来るならそのほうがいい。

Q:
クラブは、メルカートに関して貴方の参加(希望)を促していますか?

K:
ノー。でも僕はクラブと同じ目標を持ちたいと思っている。僕の目指すのはもう一度チャンピョンズリーグで優勝すること、カンピオナートで優勝、バロンドール、Fifa World Player。もしいつか。ミランがプロジェクトを変更したということがわかったら、お互いの目的が一致しなくなったら、その時が「変える時」。

Q:
フラミニはその(プロジェクト)の中に入りますか?

K:
もちろん。いい選手だ。クオリティをチームに持ち込み、たくさん試合してくれるだろう。

Q:
チャンピョンズリーグ無しというのをイメージできますか?

K:
今までは考えたことが無かった。カルチャトーレにとっては、常に高いところにいたいもの。チャンピョンズは本質的な存在。もし来年チャンピョンズが無かったら、それはCoppa UEFAで他の街を訪ねてみようという話。

Q:
UEFAといえば、ミランがもしチャンピョンズに出なければ、貴方はオリンピック出場を希望しますか?

K:
来シーズンがどうなるかによる。ヴァカンスが何日間あるかにも。でもミランがブラジルのサッカー協会と話し合い解決しなければならないこと。

Q:
貴方は、北京オリンピックのボイコットに対して賛成?反対?

K:
僕は(ボイコットに)同意しない、現在チベットで起きていることに同意していないのと同じように。4年前から準備してきているアスリートたちがいるんだ・・・。スポーツはいつもこれらの状況を変えてきた。コリアの2カ国(韓国と北朝鮮)は戦争をしたけれど、オリンピックには一カ国として出場しようとしている。もしボイコットのほうが勝ってしまったら、それは、スポーツがまたしても負けたということになる。

Q:
リカルド、貴方の息子さんはいつ生まれますか?

K:
あと20日ほどで。

Q:
何という名前に?

K:
ルーカ(Luca)。

Q:
ミラノ市民になるのでしょうか。

K:
ノー。サンパオロで生まれる。5月28日から6月18日まで、僕はナショナルチームの合宿に入る。ワールドカップの予選大会がある。

Q:
Lucaくんのために、もうプレゼントは考えましたか?

K:
もし日曜日がすべてうまくいったら、DerbyのDVDを用意してもいい。


インタビュアーはAlberto Costa。


********************************
Fondazione Milanキャンペーン画像、カカ’登場版
b0091466_89562.jpg



こちらはMediasetから、昨日のアンブロジーニインタビュー映像→Video
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-05-01 20:44 | MILAN
<< インザーギ・インタビュー Numeri di SUPER... >>