Derby Pagelle 新聞などから
La Gazzetta dello Sport

b0091466_12285983.jpg
b0091466_12295856.jpg
ネスタ、尊大
アンブロジーニ、猛烈

Kalac:6  Bonera:6.5  Nesta:7  Kaladze:6  Favalli:6  Jankulovski:6  Gattuso:6  Brocchi:6  Pirlo:5.5  Ambrosini:7  Seedorf:6.5  Inzaghi:7  Kaka':8(最優秀)
Ancelotti:7

NESTA;7
いくつかのタックルは尊大かつエレガント、これこそ真のネスタ。マンチーニの2つの塔(攻撃陣)相手に一度たりと困難に陥ることなく。しかもインテルのエリアへ華麗ななドリブリングまで。まるでカカ’のように。

Kaladze:6
空を見上げると空中を飛ぶクロスは見られない。これは飛行隊(インテル)のストライキだと考える、いやそれはマンチーニが陣営をすべて後ろへ引かせているからである。ということで、ディフェンソーレの仕事はほとんど後半の最後あたりのみ。

Gattuso:6
古風な情熱で聴衆を盛り立たせる。足や頭はしかし、このところの(不調な)状態のまま。青黒の青ざめたMF陣は彼にそれなりの立場を保たせる。途中交代。

Pirlo:5.5
不安定なコンディションのためというより、切手のようにべたりと貼り付いたManicheのために動きが狭められる。ゴールミスやナーヴァスな様子から「教授」は今日の講義を助手に任せてしまったのだとわかる。

Ambrosini:7
Vieiraから奪い取るボールがアシストに姿を変え2-0に。彼のキャリアを見せられたようなシーン。猛烈な勢いでミラン中盤を支え、このところのデルビーの結果を覆させることに。

Inzaghi:7
またしても重いゴール、これがミランにヨーロッパをプレゼントする。こうなっては、元ミラニスタ(ドナドーニ)は彼にEuropa(欧州選手権)をプレゼントしなければ。絶対にその価値あり。
b0091466_12302837.jpg




Corriere dello Sport
b0091466_1231342.jpg
インザーギ・スーペル
アンブロジーニ決定的
カンビアッソとサネッティ、かつてないほど動けない

Kaka':8  Inzaghi:7.5  Ambrosini:7.5  Ancelotti:7.5  Bonera:7  Kaladze:7  Nesta:7  Favalli:6.5  Seedorf:6.5  Gattuso:6.5  Jankulovski:6  Brocchi:6  Pirlo:6  Kalac:5.5

NESTA;7
幾度か、怪物並みにボールを奪い返す。

Bonera:7
サイドラインを奥へ奥へ何度も切り込んでいく。

Kaladze:7
空中戦では決して負けず。

Inzaghi:7.5
(ミランの)将来(来シーズン)への議論が山ほど聞こえてくる。たとえば:来年ピッポは更に年寄りだ、スタメンということは無くなるだろうと。彼がそれに相応しくない理由を挙げてみろ、こんな状態の彼こそ、新ミランのFWだ。そして、説明してくれ、ドナドーニよ。いったいどうやって彼を欧州選手権から外せるというのだ?彼を見ている限りではそれ(外すの)はインポッシブルだ。
(訳者注:ドナドーニはこのデルビーをSan Siroで観戦)

Ambrosini:7.5
彼の美しい試合の傑作は、あのVieiraからボールを奪いそれがカカ’へのアシストになったシーン。戦術的に、アンチェロッティにとって最も貴重な選手。

Gattuso:6.5
以前のような稲妻ではない、しかしなんとか持ちこたえる。

Pirlo:6
Manicheの度重なるプレスに、輝きを見せることがあまりできず。
b0091466_1231354.jpg




TuttoSport
Kalac:5.5  Bonera:6.5  Nesta:7  Kaladze:7  Jankulovski:6  Gattuso:6.5  Brocchi:6  Pirlo:6  Ambrosini:7  Kaka':7.5  Seedorf:6.5  Inzaghi:7  Pato:5
Ancelotti:7.5

NESTA;7
唯一の小さなシミは、クレスポに許してしまったボール。しかし彼の試合は実に壮大なもので、あの守備陣営を前にしてインテルはほとんど姿を現さず、後半も終了間際になってからやっと動き出すのみ。

Kaladze:7
小さいところまでこだわる守り、しかもネスタよりも優れたプレイ。CruzやCrespoを崩しタックルのミスも無し。要するに堤防である。

Gattuso:6.5
カウンターの連続にエネルギーを消耗しピッチを出る時、Tifosiのほうへ向き拳で胸を叩く。高潔な心、何故ならリンギオはコンディションが悪かった、が、戦いから我が身を外すことをしたくなかった。激しく偉大なカンピオーネ、素晴らしいアスリート。

Ambrosini:7
ピッチ中盤の巨人、カピターノらしきプレイ。押し、格闘し、戦い続け、特にVieiraの足からボールを奪い、それが2点目に繋がる。素晴らしいコンディションでの欧州選手権への出場となる。

Inzaghi:7
5試合9ゴール、欧州選手権へ充分候補になる結果。月日は経つがしかしゴール前で致命的なFWであることは変わらず。そりゃぁ確かに、試合前半2度ほど好機を無駄にした、だが3度目のチャンスは逃さない。決定的。

Ancelotti:7.5
チャンピョンズリーグを2度優勝、スクデットを1度獲得しているのだ、その辺にあるなんでもないピストルではない。そうだろう?
b0091466_12321285.jpg
b0091466_12323320.jpg




il Giornale
b0091466_16344218.jpg
b0091466_16325113.jpg
b0091466_12332237.jpg

Kalac:5.5  Bonera:6  Kaladze:7  Nesta:6.5  Favalli:6  Jankulovski:6  Gattuso:6.5  Brocchi:6  Pirlo:6.5  Ambrosini:7.5  Seedorf:6.5  Kaka':8  Inzaghi:7.5  Pato:4
Ancelotti:7

NESTA;6.5
額に入れ飾りたいレベルの試合、一つシミがあるが。2-0の後にクレスポの前に扉を全開にしてしまいRossoneroのベンチとスタジアムの半分が彼を呪う前までは、ディフェンスに錠前をかけていた。だから最終的には0,5点マイナス。

Kaladze:7
一つのシミ無し、試合終了間際の襲撃に対してゴールエリア内のバトルにも全く負けず。

Gattuso:6.5
ミラニスタのCurvaは彼をCoroで包む。彼はいつもどおりの勇敢なプレイで応える。バトルでほとんど負けず、貴重なボールを次々に奪い取る。後半途中で降参。

Pirlo:6.5
これは初めてのことではない、最後でもない、相手に削られ続けるのは。彼はそれを避けるためにサイドへ動き、仲間たちは彼を探し、そこに見つけるのである。セットプレーではまだ足が暖まっていない。

Ambrosini:7.5
あの問題のStriscione(Lo scudetto metti nel culo)の日から、インテルのCurvaにとって彼がナンバーワンの敵となる。彼はそれをものともせず、それどころかVieiraからボールを奪いカカ’が2-0のゴールにした本質的なプレイを見せる。
ただ一つ:ファウルが多すぎる。

Kaka':8
ただただグランデ。インテルのディフェンスを切り刻む。

Inzaghi:7.5
小さく華奢な、ゴールエリアのFuoriclasseのその体に、Diavolo(悪魔)が再び姿を現す。一つ、または2つのミスがある、しかしその後に稲妻はそのしるしを残す。
b0091466_12334627.jpg
b0091466_16364070.jpg





LEGGO街で無料配布される新聞
Kalac:6  Bonera:6  Nesta:7  Kaladze:6.5  Favalli:5.5  Gattuso:7  Pirlo:6.5  Ambrosini:7  Kaka':7  Seedorf:6.5  Inzaghi:8

NESTA;7
ナショナルチームのレベル、もちろんスタメンの。Crespoに、Cruzに対して、そしてSuazoに対してパーフェクト。正確無比。

Gattuso:7
チャンピョンズで崩壊してしまったシーズンの半分ほどの間消えてしまっていたモチヴェーションを取り戻す。

Pirlo:6.5
カカ’のように初めは控え目、それから少しずつパワーを上げピッチ中盤を手に握る。イエローにより、累積でナポリ戦出場停止。

Ambrosini:7
青黒の観衆は彼を突く(訳者注:アテネのチャンピョンズ優勝後のミラノ凱旋パレード時に彼がインテリスタたちに向けたStriscioneのお返しである)、そして彼はピッチで応える。

Inzaghi:8
5試合9ゴール。ミランの来シーズンのメルカートに、ロナウジーニョより価値ある存在。そして今、欧州選手権にも召集されるべき。



DNews街で無料配布される新聞
b0091466_12345593.jpg
Kaka':7  Kalac:5.5  Bonera:6  Nesta:6.5  Kaladze:6  Favalli:6.5  Gattuso:5.5  Pirlo:5.5  Ambrosini:6.5  Seedorf:6.5  Inzaghi:7

NESTA;6.5
インテルとの間で、この戦いはお話にならない。インテルの攻撃陣の不振だけでなく、彼とカラーゼのおかげでもある。試合後半のCrespoに対する大きなミス、しかし試合を左右することは無い。

Ambrosini:6.5
攻撃陣が動ききっちりと機能しているとき、彼はカバーのみに務めることができる。それを素晴らしくこなす。Vieiraへのプレッシングは、カカ’のゴールの半分以上が彼のもの(ほどの価値)。

Inzaghi:7
動きをより得るために右に位置する。ゴールエリアに戻ったときの動きは更に良し。なぜなら、ほとんど必ずゴール決めているから。

Kaka':7
スペースは無い、それならと、彼自身がインザーギへのアシストで開ける。そして次には彼自身がシュート、決める。
b0091466_12352615.jpg



GOOL街で無料配布されるスポーツ新聞
表紙だけ。
b0091466_16354648.jpg
b0091466_16361388.jpg




LiberoSport
Kaka' & Inzaghi:9

Pirlo:7

Gattuso & Ambrosini:8

Nesta & Kaladze:7
彼らの間を決して誰も通れない。Cruz、Crespo、Balotelli、Suazo、相手が誰であろうがほとんどチャンスを与えず。

Bonera:6.5

Julio Cesar:7

Cruz:6.5

Vieira:4

Crespo:4.5

Cambiasso & Maniche:5

Materazzi &Rivas:5
インザーギはMatrixをきりきり舞いさせる。ピッポは前半、後半と何度もチャンスを作る。闘志を燃やすがいつもどおりのキレが無し。リーヴァスは赤黒のMaglia全員に対して我を失う:その名前がフィリッポであろうがリカルドであろうが彼には同じ、永遠に悲劇が続く。ここまで彼が苦しむのを見せられるのは残酷であった。

Mancini:5.5
ユーヴェのホームで敗戦、そして今度はデルビーでミランに敗戦。7日後には価値の充分あるスクデットを祝うだろう、しかし特別なものを逃した:ミラノのNerazzurro側の心は彼に「Diavolo(ミラン)の顔を奪え(恥をかかせろ)」と求めていたのだった。


*****************************

「いい加減にせぇ!」と言われそうだから黙ってたけど、実は霊能お姉さん、先週の日曜に「デルビーは、インザーギのゴールでミランの勝利」と予告していたのであった。
b0091466_1236193.jpg



Zefiroおまけに~【orgoglio】
私は元々、「何が何でもごるする」インザーギが好きであり、格好とか技術とか全然どーでもいい、むしろ才能に胡坐をかいてる選手や批評は嫌いである。
今や、ミランCurvaの、イタリアサッカーの、(&欧州サッカーの)誇りなのだ、SuperPippo。

@@@@@@@@



5月5日Striscia応援幕→Striscia lo striscione
Derbyの様子がちょこちょこ見られます。

こちらは、すでにあちこちで伝えられてるけど、Striscia la Notiziaがデルビーに負けたインテルの会長と監督、選手たちに金のバクを届けた。
Tapiro d'oro
これって、試合終了後に速攻で渡してるんだけど、ということは、最初から「金のバク」持って待ってて、負けたほうに渡すっていう手はずになってたんじゃないかな~(笑)

担当兄ちゃんは、またしても、カカ’の車に乗せてもらい(前にも一度あった)連れてかれました~。(彼はミラニスタ)


**********************************

ところで、ミラン、ユーヴェ、インテルなどの来シーズンのMagliaがそろそろ決まり始めてるけど、私はまだ絵では見てないけど、ミランの新Magliaは今までと大きな変化は無し(むしろ材質におけるテクノロジーのほうに重きをおいている)、赤黒の縞が細くなり、黒5本赤4本。袖は肘のところまで黒、残りは赤。首は襟が立っていて(?)すぼまっている。
GKのMagliaは黄色。
セカンドユニは、ミラン伝統の白。

面白いのは、インテルのセカンドユニ、どうやら上下チョコレート色らしい。

ユーヴェのセカンドユニはカナリア色。

どなたか画像を見つけたら、よかったら教えてね~!
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-05-06 12:38 | Pagelle
<< Pringlesその2とか この試合のために >>