Bello(いい男)の基準
昨夜TVを見ていて私は、信じられない言葉を耳にしてしまった。


「皆の誰よりもBello(いい男)だということだ。」

つまり・・・

「マルコの水着姿は、おそらく我らの嫁や恋人たちの心を掴んでしまう。だから僕とマッシモ・アンブロジーニは、彼を同行させるのを望んでいなかった。けれど、彼には残念ながらべーレンも付いてくる。なら、そういうことならカップルとして一まとめでまぁ許せるか・・・楽しいバカンスになるかと。」


誰って?   これを語っているのが、コスタクルタなのだよ!!!


誰よりもいい男って???


ボッリエッロのことだ・・・



はっきり言っておくけど、私はアレッサンドロ・コスタクルタをむちゃくちゃ美しい男だと信じている。マルコ・ボッリエッロのことを、いい男だとは思っていない。

反論は却下ね(笑)。


いい男かどうかは、好みの問題などがあるから言わせてもらうとして、驚き、許せんのは、「誰よりもいい男」だと、それをコスタクルタが言っちゃうってことだー!

しかもコスタクルタは嫁が元ミス・イタリアで、歴代で最も美しいミスとさえ評価されている女性である。それだけではない、彼女は美しさだけに頼った生活をしていない。自分を鍛え、努力して女優の道さえ築いている。


それと、ミランの金髪美男アンブロジーニだよ??? その2人揃って、ボッリエッロごときの存在に怯えるか? 


冗談であってほしい(笑)


で、コスタクルタやアンブロジーニたちのヴァカンス(海で)の誘いをボッリエッロはこう語る。

「こっちはいつまでもディスコで踊りまくって遊んでるってのに、あっちは朝7時には起きてマルティーナと二人でジョギングに出かけるんだから・・・見てられるシーンじゃないよ(と笑う)」


・・・馬鹿である(笑)




実はこれ、RAIのSfideの中での話。
毎週、スポーツの何か、誰かにターゲットを置いて放映されるんだけど(前にガットゥーゾの話はすでにした)、今回は「アウトサイダー」というタイトル。
1979年にCoppa dei campioniに優勝したNottingham Forest、マルコ・パンターニ(自転車)、Angelo Jacopucci(ボクシング)、とマルコ・ボッリエッロが、アウトサイダーとして紹介されていたのだった。


コスタクルタは言う。

「要するに、誰よりもずっといい男だった。 だから、それが少々トラブルの原因になっていた。特に、(笑いながら)ピッポ・インザーギは、プレイボーイを自負しているから・・・」

ボッリエッロ:
「皆が彼をつっついてたんだ。『ボッリエッロはお前よりずっといい男だ』って。『考えてみろよ、ボッリエッロが10ゴール決めたら、女の子をみんな奪われちゃうよ!』って。そんな面白いことになってたんだけど、彼はちょっとそれを苦しんでた(とニヤケる)。」


・・・ぬぁ~あにぃ~~???


ぶわかやろうぅーーーーーー!!!



どう考えても、フィリッポ・インザーギのほうが比べられないいい男である。




好みはそれぞれですから。     私は応援隊ですから、はい(笑)。



ま、それに、ピッポが30歳を越えたときに20代前半で彼を目の前にして「30越えたらカルチャトーレは終わり」と公言したことを、一生恨んでいるのだ私は(爆)。
「おまい、30になる前にまず始まってみろっっ」
と言いたい。


それに↑のボッリエッロのくだらんセリフの後に番組のナレーションは続ける。
「しかし問題は、ボッリエッロに10ゴールは、やって来なかったのである」


情けない野郎である(笑)


ボッリエッロ:
「ちょっと前までは、自分の名前が出るのはGossipでだけだった。これは残念なことだけど、でも、それは自慢でもあった。芸能人の恋人がいるんだから。」




・・・私に、これ以上言葉を求めないでほしい(爆)。


昨シーズンの、大恥なドーピング事件を知ってるよね? 皆。
(言うまでも無く、別れたりくっついたりしてる恋人のべーレン・ロドリゲスは綺麗な女の子だけど、今のところただそれだけで売っている。Gossip誌以外でレベルの高い仕事はしていない。マルティーナ・コロンバーリと比べるほうが失礼な話である。)



譲って譲って、いい男だったとして・・・
それでも、カルチャトーレとしての価値を示さなければ、駄目である。
当然な話。
そして、その価値を示し続けること。長年トップクラスにい続けること。
コメントで「馬鹿丸出しな発言をしない」こと。黙ってたほうがまし。

いい男であることに、胡坐をかかないこと。


・・・ネスタを見なさいっっ            オチのつもり・・・



@@@@@@


誤解の少ないように添えておくと、いい男の判断は、自由だと思う。問題は、「○○は誰が見てもいい男でしょ!」と決めつけられてしまうこと。自分が誰々をカッコイイ~~と言うのはほんと好き好き、その価値観を人に押し付けるのが、NOだっていうだけの話。



・・・ん?   もう一度考えてみたら、「皆よりいい男」って・・・


ネスタよりもっ  ってことかー??????


有り得ない。むきぃーーーーーー凸(▼"▼#)凸(▼"▼#)凸(▼"▼#)



@@@@@@


追記:
この昨夜のSfideでアウトサイダーと紹介されていたNottingham Forest、このストーリーがとっても面白かった。
その頃のアッタッカンテが当時を振り返り語っている。「私たちが欧州チャンピョンなんて・・・1979年の、その3年前に、私は埃にまみれながら床にカーペットを敷く仕事をしていたんだ・・・」
彼らはその年リヴァプールを倒しているですね。

で、その年の決勝がNottingham Forest - Malmoe

ここ数年のチャンピョンズリーグしか見てない私には、とても想像できない対戦、そのチームがどこにあるかさえ知らない。その他、この年他にレアル・マドリッドがグラスホッパーに破れたりしてるんだな・・・




また、立ち上がってほしい、ミラン。


誇りと、驕りは紙一重だ。   と思う。
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-05-16 23:27 | MILAN
<< ウディネーゼ戦に向けて ピルロの叫び >>