親善試合ベルギー戦
b0091466_2015893.jpg
親善試合だし、テストだし、相手が相手にならないような戦いだったし、(我らのアイドルがいないし)、何が書けるというものでもないけど、ワールドカップ優勝から今のナショナルチームになって、けっこういいじゃないかと思うのは、ワールドカップの名残をそんなに見せてないこと。ドイツには行かなかった選手の活躍、変にスターが存在しないところで、いつ誰がスタメンになってもおかしくない緊張感とチームの一体感が、いいほうに動いてる時は楽しい試合が見られる。

今回特に頑張っていたとPagelleで評されていたのがディ・ナターレ、カモラネージ。でもゴールアシストしたピルロ、アクイラーニ、デル・ピエロやパヌッチの動きなどもGood。


スタメンはこうだった。

            BUFFON
      CANNAVARO  BARZAGLI
PANUCCI               ZAMBROTTA
             PIRLO
    GATTUSO       AQUILANI

   CAMORANESI     DI NATALE
             TONI
b0091466_2017276.jpg


Maledizione Milan
訳して「ミランの呪い」

後半途中から入ったボッリエッロが、ザンブロッタからのアシストをGK目の前で外し「信じられないミス」と書かれてしまった。彼のこのナショナルチームでのポジションは決して重要なものではない、彼がよくそれを知ってると思うけど、だからこそこういう凡ミスはキツいはず。Gazzettaなどの記事へコメントしている読者たち:「あぁミランのアッタッカンテの呪いだそれは。ミランに買い戻されてそっちの選手になったとたん、ゴールが決まらなくなる」と、意地悪なジョークとはいえ事実思い当たる節もあるのだよね。

SportMediasetのボッリエッロへのPagelleが笑えました。
「途中交代で入った途端、ザンブロッタから渡ったボールを信じられない大ミスでゴールにできず。決めるより間違うほうが難しいようなボール。彼の部屋をインザーギの“亡霊”がうろつかないように祈りつつ」



********************

あ・・・。終了間際にCKからポロリとゴールを決められてしまった緩み、あれも、ミランの呪いの兆しだったんだろうか(T~T)



ところで、パロスキはUnder19の試合でゴール、勝利。
こっちは順調である。
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-05-31 20:18 | NAZIONALE
<< Zambrotta al Milan いったい誰を買うのか? >>