「ほっ」と。キャンペーン
強いイタリアが見たい
もうね、イタリアを応援してるファンは皆同じような気持ちと思うけど、イタリアのTV各局も、焦りと怒りとちょびっとの希望と諦めと・・・まぁいろいろが混ざった感じ。

特に何も伝える必要のあるニュースは無し、あちこちのスポーツ・新聞サイトで読めるものばかり。

ところで、めちゃめちゃこっちの話なんだけど、今回全試合を放映しているRAI、実況やEuro特集番組のキャスティングが非常に悪い。
まずイタリアの実況(ジャーナリストはワールドカップ時と同じで上手いけど)解説が酷いのだ。今回おそらく初めて起用されたこのおじさんは何言ってるか全然わからん、しょーもないどーでもいいことばっかりをぱらぱらぱらぱら、私にはもうただの雑音にしか聞こえない。あとで聞いたけど実際かなり視聴者に不人気らしい。
カペッロ解説を知ってしまった副作用は強い(笑)。(カペッロの後にしばらく解説してたのはゼンガだったけれど、彼も元気で的確な説明でけっこうよかったのに、就職=カターニア就任しちゃって・・・だから一時RAI Sportはサッカー人の職業案内所と半分自慢みたいに内輪で笑われていた)
Euro特集番組(毎日試合の合間に放映)に出演しているサッカー人も、すでに常連であるMazzola氏を除いたら、もう一人のメインジャーナリストは言葉遊びと自己満足に酔ってる妙なタイプで、毎日不快感の塊りになるってば(彼はミランがアーセナル戦でチャンピョンズを去ったあの試合直後に、マルディーニにデリカシーの無い質問をくらわした嫌なやつである)。

それはともかく、強いチームの試合は単純に楽しいですね、フランス戦のオランダもそうだったけど、あとスペインも。
イタリアの弱さとかなんとかもあるけど、あぁやっぱり、このグループは厳しい組み合わせだったなぁと痛感する。

*****************

息抜きにどーぞ→Zefiroおまけ【なかよし兄弟のテニス】
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-06-14 21:00 | NAZIONALE
<< Andiamo avanti Italia - Romania >>