「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:Pagelle( 136 )
Domenica Bestiale
かなり前のイタリアの歌で、La domenica bestialeというのがあって私はそれが大好きなんだけど、曲の雰囲気は爽やかな初夏の風がそよぐように軽くて優しい感じで、名前の激しさとは全然イメージが違う。

Bestialeというのは「めっちゃくちゃな」みたいな意味で、まさにそれが今日の新聞で1ページいっぱいいっぱいに登場していた。
b0091466_10425812.jpg



ほんと、あちこちの試合でBestialeなことになってたよねぇ・・・

マジに、ミランのボケさ加減が翳るほどに・・・



というわけで、新聞などから拾ったPagelle。
読むのも書くのも悲しい今回のミランPagelleだけど・・・こういうこともあるのだな。


Corriere dello Sport
Seedorf:6  Bonera:5.5  Favalli:5.5  Jankulovski:5.5  Serginho:5.5  Brocchi:5.5  Ambrosini:5  Ancelotti:5  Gattuso:5  Kaka':5  Kaladze:5  Inzaghi:5  Pato:5  Kalac:4.5  Nesta:4.5

NESTA;4.5
酷すぎるナポリの午後。PKを与えるファウルを犯し、試合を決定的に終わらせてしまう。

Ancelotti:5
サンパオロのスタジアムに、見るに耐えないチームを送る。

Gattuso:5
忘れてしまいたいプレイな試合。

Kaka':
パオロ・カンナヴァーロは彼に全くひとつも使えるボールを与えない。

Inzaghi:5
彼に全くボールが渡らない。

Pato:5
Navarroがたった一人で目の前にいるだけなのに、ボールを星に向けて蹴ってしまう。
b0091466_1043309.jpg


TuttoSport
Kalac:4.5  Bonera:5  Nesta:4  Kaladze:4.5  Favalli:5.5  Jankulovski:5  Brocchi:5  Pato:4  Gattuso:5  Serginho:5  Ambrosini:5.5  Seedorf:6  Kaka':5  Inzaghi:5
Ancelotti:5

NESTA;4
しばしば苦境に陥り、試合を決定的にするファウルを犯す:Lavezziに遅れ、スライディングで止めようとしながら。PKが0-2に。
 


il Giornale
Kalac:4  Bonera:6  Nesta:4.5  Kaladze:6  Favalli:5  Jankulovski:5  Brocchi:5  Pato:5  Gattuso:5  Serginho:5  Ambrosini:5  Seedorf:6  Kaka':5  Inzaghi:5  
Ancelotti:5

NESTA;4.5
何度かLavezziに抜けられ、Hamsikに飲み込まれ、そして無駄なPKを与えてしまう。これが試合を決定。

Gattuso:5
見るからに、頭は別なほうへ向いている。基礎的なプレイを間違い、ディフェンスの前の扉を全開にしてしまう。警告により、最終試合Udinese戦出場停止。

Inzaghi:5
念のために明記しておくが:彼のところへ来たボールはたったひとつ、それをやるべき形でゴールへシュートする。その他は方向違いのクロスばかり。



LiberoSport
Gargano-Lavezzi-Hamsik:8
今シーズンのナポリの最も美しいページを描いた者たち。

Gattuso:4.5
闘志に燃え輝いていたDerby戦は我々を騙し(幻想を抱かせ)ていた:酷いRinghioがまたしても戻ってきたかのよう、あのクリスティアーノ・ロナウドをさえ脅かせた男が、今シーズンの「普通な」レベルをナポリで見せる。犠牲の精神は欠かさず、しかしあまりにもボールを失いすぎ。彼からHamsikのカウンター、Rossoneroすべての運命をもおそらく変えてしまうゴールが生まれてしまう。ファウルがあったかもしれない、無かったかも、それは今回ほとんど重要ではないこと。彼のミランにおけるカピターノとしての最後の姿? このような形で終わるのは悲しいものだ・・・。

Bonera:5

Favalli:5

Seedorf:5


LEGGO街の無料新聞
b0091466_1044067.jpg


Kalac:5  Bonera:5.5  Nesta:4.5  Kaladze:5  Favalli:5.5  Gattuso:6  Ambrosini:5.5  Brocchi:5.5  Kaka':5  Seedorf:5  Inzaghi:5

NESTA;4.5
Lavezziは彼を1時間以上も虐待し続け、ついにはRossonero(ネスタ)がPKエリアでラヴェッツィを倒してしまう。アルゼンチン人(ラヴェッツィ)を全く掴まえることができず。

Ambrosini:5.5
よいレベルでスタートする、が見るからに力を落とし、ナポリの選手でいっぱいのピッチで最後には消えてしまう。

Inzaghi:5
今回はゴール無し、そしておそらくチャンピョンズとの別れ。彼の才能を活かす(ゴール)チャンスが全く与えられず。
b0091466_1044554.jpg


DNews街の無料新聞
b0091466_10452058.jpg
Seedorf:6  Kalac:5.5  Bonera:5  Kaladze:6  Nesta:4.5  Favalli:5.5  Brocchi:5.5  Gattuso:5.5  Ambrosini:5.5  Kaka':5  Pato:5  Jankulovski:5


NESTA;4.5
敵のスピードに苦労する。PKを与えてしまう稚拙なミスは、彼ほどのレベルのカンピオーネでも情状酌量の余地なし。 

Kaladze:6
Hamsikにゴールを許す、それが唯一の彼のシミ。だがRossoneriで数少ない、救える者の一人。 


ナポリの新聞Il Mattinoは、もちろんトップに祭り。
b0091466_1046952.jpg

スポーツ欄は何ページにも亘って詳しく詳しく、ナポリの喜びが語られていた。
ただし、ミランのPagelleは無かった。

*******************************

追記:
今朝、Via Turatiの本部へグルクフの父と代理人、それとシミッチが訪れている。これが、ほぼ確実にミランを離れるという意味だろうとTVは言う。
シミッチはローカルTVのインタビューに答えていて、「おそらく確実に来シーズンもマルディーニが残る、そうすると守備陣は人員が多すぎるということになる。すでに僕は、先シーズンきっちりプレイを見せていたにもかかわらず今シーズンほとんどピッチに出してもらえなかったことには驚いている。今後を決めなければいけない・・・」ということ。
彼に関しては、随分前から「プレイできなければ出て行きたい」という態度だったのを引き止め続けたクラブのやり方のほうが謎。

それと→マルディーニ、コメント映像

********************************



本日のStriscia lo striscione、インテリスタの悲しいのがいろいろ:
Striscia応援幕



インテル・シエナ戦のマテラッツィは間違いなく「金のバク」の価値:
Materazzi TAPIRO
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-05-13 10:48 | Pagelle
Napoli戦Pagelle
b0091466_1212764.jpg
Datasport
Kalac:5.5  Bonera:5  Favalli:5.5  Nesta:5  Kaladze:5.5  Jankulovski:5.5  Kaka':5.5  Ambrosini:6  Seedorf:6  Gattuso:5  Brocchi:5.5  Serginho:5  Inzaghi:5.5  Pato:5

NESTA;5
ディフェンスの仕方を何か誤解しており、試合が暗礁に乗り上げる危機を招く。Lavezziがあまり正確でなかったのが彼自身にとって幸いとなり、ネスタは彼に対して68分に酷いミスを犯し、ナポリにPKを与えてしまう。

Gattuso:5
明らかに、このCentrocampistaにとってよくない試合。パスをあまりにミスしすぎ、チームを背負って戦おうにも輝きに欠けている。彼のスライディングから、Hamsikのゴールが生まれる。

Inzaghi:5.5
一人で前に立っていても、何も変わらない。チームは彼を支えるという義務を果たさず。



SportMediaset
Kalac:5.5  Bonera:6  Nesta:6.5  Kaladze:5.5  Favalli:5  Gattuso:6  Brocchi:5  Pato:5  Ambrosini:5.5  Seedorf:5  Inzaghi:5.5

NESTA;6.5
彼がもしいなかったら・・・ナポリは試合前半のうちに(ゴールで)氾濫していただろう。もちろん、彼がいなかったら、DomizziのPKがあり得なかったのも確か。イタリア人ディフェンソーレ(ネスタ)はLavezziに対してエリア内でファウルを犯してしまうのだ。ミランの存在しない試合、そして唯一何かいいものをピッチで見せていたのがネスタだった。


Kalaweb
Kalac:5  Bonera:5  Nesta:5  Kaladze:4.5  Favalli:4.5  Jankulovski:5  Gattuso:5  Serginho:5  Ambrosini:5.5  Brocchi:5  Pato:5  Kaka':5  Seedorf:5  Inzaghi:5
Ancelotti:4



Goal.com
Kalac:4.5  Bonera:6  Nesta:5  Kaladze:5  Favalli:5  Gattuso:5  Serginho:5  Brocchi:5  Pato:4.5  Ambrosini:5  Kaka':5  Seedorf:5  Inzaghi:5
Ancelotti:5

Goal.com合格・不合格

Brocchi:5
ピルロじゃない、それは見るからにわかる。それにそんなことはアンチェロッティだってわかっている、しかしベンチには他に使える控えがいないのだ。彼なりに仕事を務めようとするが、ナポリのプレッシングは彼を息絶え絶えにし、当然のごとくハーフタイムで交代。だが、彼だけでなく、ミランには他に何人も追い出すべき見ていられない動きの選手たちがいた。

Hamsik:7.5
彼のシーズンのエンブレムのようなプレイ。フレッシュでかつ厚顔な、果てしなく可能性を秘めた若者の力、ナポリの、ナポリのための遺産。

Gattuso:5
RossoneroのRinghioはもはや見る影も無し。剣を出し戦おうと試みるがそれは彼の技ではない。実際のところ、何度かシュートを放ち敵への危険も見せるのだが、彼がナポリのピッチ中盤で失ったボールがHamsikのカウンターとなる、彼のやることとは思えない。何度もボールを失いパスをミスし、たまりかねたアンチェロッティとタッソッティは悲愴な顔を見合わせながら、彼を後半途中でセルジーニョに替える。警告が1枚あった、この試合でイエロー、だからSan Siroの最後の試合へ出場できない。もしかしたらこれがRossoneroとしての最後の登場だったかもしれない。残念、何故なら彼ほどのカンピオーネが、Rossoneroのこのような記憶を残して去らなければならないのなら。

Sosa:6.5

Kaka':5
ブラジル人選手の酷いコピー。ナーヴァス、イエローを与えられる。彼の鼻先から何かとても美味しいものが逃げさってしまおうとしているのを感じている。

Lavezzi:7
ネスタ、カラーゼを完全に翻弄する。

Pato:4.5

Cannavaro:7

電話をするRinghio:2
彼がピッチを出てからのRossoneroチームの状況は1点差、電話をしている暇があったらせめてベンチからいつものように仲間たちへ吠えていたほうがいい。ピッチの上にいたときは闘犬というより愛玩犬のようだったんだから。しかし彼は電話を取り出し他のスタジアムの様子を訊いている、戦いはピッチの上で見せるのだということを忘れて。他の者のミスを期待するのでなく。

Montervino, Garics, Bogliacino:10点満点





7Goldローカル番組
Kalac:5  Bonera:5  Kaladze:4.5  Nesta:4.5  Favalli:5  Serginho:5  Gattuso:4.5  Brocchi:5  Ambrosini:5  Kaka':5-  Seedorf:5  Inzaghi:5  Pato:5
Ancelotti:5
b0091466_4565124.jpg
b0091466_4574112.jpg
b0091466_4581854.jpg
b0091466_4585596.jpg
b0091466_4593979.jpg
b0091466_121351.jpg

Hamsikのはぁとまーく↓
b0091466_12132612.jpg


b0091466_1214134.jpg
試合後にナポリ会長は「このような状況になってしまう試合をするとは、これもまたベルルスコーニのアート(演出)なのだろうか」と、痛烈な皮肉を飛ばしていた。
負けたんだから、いい試合をできなかったんだから、言われても仕方なし>ミラン
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-05-12 05:00 | Pagelle
Derby Pagelle 新聞などから
La Gazzetta dello Sport

b0091466_12285983.jpg
b0091466_12295856.jpg
ネスタ、尊大
アンブロジーニ、猛烈

Kalac:6  Bonera:6.5  Nesta:7  Kaladze:6  Favalli:6  Jankulovski:6  Gattuso:6  Brocchi:6  Pirlo:5.5  Ambrosini:7  Seedorf:6.5  Inzaghi:7  Kaka':8(最優秀)
Ancelotti:7

NESTA;7
いくつかのタックルは尊大かつエレガント、これこそ真のネスタ。マンチーニの2つの塔(攻撃陣)相手に一度たりと困難に陥ることなく。しかもインテルのエリアへ華麗ななドリブリングまで。まるでカカ’のように。

Kaladze:6
空を見上げると空中を飛ぶクロスは見られない。これは飛行隊(インテル)のストライキだと考える、いやそれはマンチーニが陣営をすべて後ろへ引かせているからである。ということで、ディフェンソーレの仕事はほとんど後半の最後あたりのみ。

Gattuso:6
古風な情熱で聴衆を盛り立たせる。足や頭はしかし、このところの(不調な)状態のまま。青黒の青ざめたMF陣は彼にそれなりの立場を保たせる。途中交代。

Pirlo:5.5
不安定なコンディションのためというより、切手のようにべたりと貼り付いたManicheのために動きが狭められる。ゴールミスやナーヴァスな様子から「教授」は今日の講義を助手に任せてしまったのだとわかる。

Ambrosini:7
Vieiraから奪い取るボールがアシストに姿を変え2-0に。彼のキャリアを見せられたようなシーン。猛烈な勢いでミラン中盤を支え、このところのデルビーの結果を覆させることに。

Inzaghi:7
またしても重いゴール、これがミランにヨーロッパをプレゼントする。こうなっては、元ミラニスタ(ドナドーニ)は彼にEuropa(欧州選手権)をプレゼントしなければ。絶対にその価値あり。
b0091466_12302837.jpg




Corriere dello Sport
b0091466_1231342.jpg
インザーギ・スーペル
アンブロジーニ決定的
カンビアッソとサネッティ、かつてないほど動けない

Kaka':8  Inzaghi:7.5  Ambrosini:7.5  Ancelotti:7.5  Bonera:7  Kaladze:7  Nesta:7  Favalli:6.5  Seedorf:6.5  Gattuso:6.5  Jankulovski:6  Brocchi:6  Pirlo:6  Kalac:5.5

NESTA;7
幾度か、怪物並みにボールを奪い返す。

Bonera:7
サイドラインを奥へ奥へ何度も切り込んでいく。

Kaladze:7
空中戦では決して負けず。

Inzaghi:7.5
(ミランの)将来(来シーズン)への議論が山ほど聞こえてくる。たとえば:来年ピッポは更に年寄りだ、スタメンということは無くなるだろうと。彼がそれに相応しくない理由を挙げてみろ、こんな状態の彼こそ、新ミランのFWだ。そして、説明してくれ、ドナドーニよ。いったいどうやって彼を欧州選手権から外せるというのだ?彼を見ている限りではそれ(外すの)はインポッシブルだ。
(訳者注:ドナドーニはこのデルビーをSan Siroで観戦)

Ambrosini:7.5
彼の美しい試合の傑作は、あのVieiraからボールを奪いそれがカカ’へのアシストになったシーン。戦術的に、アンチェロッティにとって最も貴重な選手。

Gattuso:6.5
以前のような稲妻ではない、しかしなんとか持ちこたえる。

Pirlo:6
Manicheの度重なるプレスに、輝きを見せることがあまりできず。
b0091466_1231354.jpg




TuttoSport
Kalac:5.5  Bonera:6.5  Nesta:7  Kaladze:7  Jankulovski:6  Gattuso:6.5  Brocchi:6  Pirlo:6  Ambrosini:7  Kaka':7.5  Seedorf:6.5  Inzaghi:7  Pato:5
Ancelotti:7.5

NESTA;7
唯一の小さなシミは、クレスポに許してしまったボール。しかし彼の試合は実に壮大なもので、あの守備陣営を前にしてインテルはほとんど姿を現さず、後半も終了間際になってからやっと動き出すのみ。

Kaladze:7
小さいところまでこだわる守り、しかもネスタよりも優れたプレイ。CruzやCrespoを崩しタックルのミスも無し。要するに堤防である。

Gattuso:6.5
カウンターの連続にエネルギーを消耗しピッチを出る時、Tifosiのほうへ向き拳で胸を叩く。高潔な心、何故ならリンギオはコンディションが悪かった、が、戦いから我が身を外すことをしたくなかった。激しく偉大なカンピオーネ、素晴らしいアスリート。

Ambrosini:7
ピッチ中盤の巨人、カピターノらしきプレイ。押し、格闘し、戦い続け、特にVieiraの足からボールを奪い、それが2点目に繋がる。素晴らしいコンディションでの欧州選手権への出場となる。

Inzaghi:7
5試合9ゴール、欧州選手権へ充分候補になる結果。月日は経つがしかしゴール前で致命的なFWであることは変わらず。そりゃぁ確かに、試合前半2度ほど好機を無駄にした、だが3度目のチャンスは逃さない。決定的。

Ancelotti:7.5
チャンピョンズリーグを2度優勝、スクデットを1度獲得しているのだ、その辺にあるなんでもないピストルではない。そうだろう?
b0091466_12321285.jpg
b0091466_12323320.jpg




il Giornale
b0091466_16344218.jpg
b0091466_16325113.jpg
b0091466_12332237.jpg

Kalac:5.5  Bonera:6  Kaladze:7  Nesta:6.5  Favalli:6  Jankulovski:6  Gattuso:6.5  Brocchi:6  Pirlo:6.5  Ambrosini:7.5  Seedorf:6.5  Kaka':8  Inzaghi:7.5  Pato:4
Ancelotti:7

NESTA;6.5
額に入れ飾りたいレベルの試合、一つシミがあるが。2-0の後にクレスポの前に扉を全開にしてしまいRossoneroのベンチとスタジアムの半分が彼を呪う前までは、ディフェンスに錠前をかけていた。だから最終的には0,5点マイナス。

Kaladze:7
一つのシミ無し、試合終了間際の襲撃に対してゴールエリア内のバトルにも全く負けず。

Gattuso:6.5
ミラニスタのCurvaは彼をCoroで包む。彼はいつもどおりの勇敢なプレイで応える。バトルでほとんど負けず、貴重なボールを次々に奪い取る。後半途中で降参。

Pirlo:6.5
これは初めてのことではない、最後でもない、相手に削られ続けるのは。彼はそれを避けるためにサイドへ動き、仲間たちは彼を探し、そこに見つけるのである。セットプレーではまだ足が暖まっていない。

Ambrosini:7.5
あの問題のStriscione(Lo scudetto metti nel culo)の日から、インテルのCurvaにとって彼がナンバーワンの敵となる。彼はそれをものともせず、それどころかVieiraからボールを奪いカカ’が2-0のゴールにした本質的なプレイを見せる。
ただ一つ:ファウルが多すぎる。

Kaka':8
ただただグランデ。インテルのディフェンスを切り刻む。

Inzaghi:7.5
小さく華奢な、ゴールエリアのFuoriclasseのその体に、Diavolo(悪魔)が再び姿を現す。一つ、または2つのミスがある、しかしその後に稲妻はそのしるしを残す。
b0091466_12334627.jpg
b0091466_16364070.jpg





LEGGO街で無料配布される新聞
Kalac:6  Bonera:6  Nesta:7  Kaladze:6.5  Favalli:5.5  Gattuso:7  Pirlo:6.5  Ambrosini:7  Kaka':7  Seedorf:6.5  Inzaghi:8

NESTA;7
ナショナルチームのレベル、もちろんスタメンの。Crespoに、Cruzに対して、そしてSuazoに対してパーフェクト。正確無比。

Gattuso:7
チャンピョンズで崩壊してしまったシーズンの半分ほどの間消えてしまっていたモチヴェーションを取り戻す。

Pirlo:6.5
カカ’のように初めは控え目、それから少しずつパワーを上げピッチ中盤を手に握る。イエローにより、累積でナポリ戦出場停止。

Ambrosini:7
青黒の観衆は彼を突く(訳者注:アテネのチャンピョンズ優勝後のミラノ凱旋パレード時に彼がインテリスタたちに向けたStriscioneのお返しである)、そして彼はピッチで応える。

Inzaghi:8
5試合9ゴール。ミランの来シーズンのメルカートに、ロナウジーニョより価値ある存在。そして今、欧州選手権にも召集されるべき。



DNews街で無料配布される新聞
b0091466_12345593.jpg
Kaka':7  Kalac:5.5  Bonera:6  Nesta:6.5  Kaladze:6  Favalli:6.5  Gattuso:5.5  Pirlo:5.5  Ambrosini:6.5  Seedorf:6.5  Inzaghi:7

NESTA;6.5
インテルとの間で、この戦いはお話にならない。インテルの攻撃陣の不振だけでなく、彼とカラーゼのおかげでもある。試合後半のCrespoに対する大きなミス、しかし試合を左右することは無い。

Ambrosini:6.5
攻撃陣が動ききっちりと機能しているとき、彼はカバーのみに務めることができる。それを素晴らしくこなす。Vieiraへのプレッシングは、カカ’のゴールの半分以上が彼のもの(ほどの価値)。

Inzaghi:7
動きをより得るために右に位置する。ゴールエリアに戻ったときの動きは更に良し。なぜなら、ほとんど必ずゴール決めているから。

Kaka':7
スペースは無い、それならと、彼自身がインザーギへのアシストで開ける。そして次には彼自身がシュート、決める。
b0091466_12352615.jpg



GOOL街で無料配布されるスポーツ新聞
表紙だけ。
b0091466_16354648.jpg
b0091466_16361388.jpg




LiberoSport
Kaka' & Inzaghi:9

Pirlo:7

Gattuso & Ambrosini:8

Nesta & Kaladze:7
彼らの間を決して誰も通れない。Cruz、Crespo、Balotelli、Suazo、相手が誰であろうがほとんどチャンスを与えず。

Bonera:6.5

Julio Cesar:7

Cruz:6.5

Vieira:4

Crespo:4.5

Cambiasso & Maniche:5

Materazzi &Rivas:5
インザーギはMatrixをきりきり舞いさせる。ピッポは前半、後半と何度もチャンスを作る。闘志を燃やすがいつもどおりのキレが無し。リーヴァスは赤黒のMaglia全員に対して我を失う:その名前がフィリッポであろうがリカルドであろうが彼には同じ、永遠に悲劇が続く。ここまで彼が苦しむのを見せられるのは残酷であった。

Mancini:5.5
ユーヴェのホームで敗戦、そして今度はデルビーでミランに敗戦。7日後には価値の充分あるスクデットを祝うだろう、しかし特別なものを逃した:ミラノのNerazzurro側の心は彼に「Diavolo(ミラン)の顔を奪え(恥をかかせろ)」と求めていたのだった。


*****************************

「いい加減にせぇ!」と言われそうだから黙ってたけど、実は霊能お姉さん、先週の日曜に「デルビーは、インザーギのゴールでミランの勝利」と予告していたのであった。
b0091466_1236193.jpg



Zefiroおまけに~【orgoglio】
私は元々、「何が何でもごるする」インザーギが好きであり、格好とか技術とか全然どーでもいい、むしろ才能に胡坐をかいてる選手や批評は嫌いである。
今や、ミランCurvaの、イタリアサッカーの、(&欧州サッカーの)誇りなのだ、SuperPippo。

@@@@@@@@



5月5日Striscia応援幕→Striscia lo striscione
Derbyの様子がちょこちょこ見られます。

こちらは、すでにあちこちで伝えられてるけど、Striscia la Notiziaがデルビーに負けたインテルの会長と監督、選手たちに金のバクを届けた。
Tapiro d'oro
これって、試合終了後に速攻で渡してるんだけど、ということは、最初から「金のバク」持って待ってて、負けたほうに渡すっていう手はずになってたんじゃないかな~(笑)

担当兄ちゃんは、またしても、カカ’の車に乗せてもらい(前にも一度あった)連れてかれました~。(彼はミラニスタ)


**********************************

ところで、ミラン、ユーヴェ、インテルなどの来シーズンのMagliaがそろそろ決まり始めてるけど、私はまだ絵では見てないけど、ミランの新Magliaは今までと大きな変化は無し(むしろ材質におけるテクノロジーのほうに重きをおいている)、赤黒の縞が細くなり、黒5本赤4本。袖は肘のところまで黒、残りは赤。首は襟が立っていて(?)すぼまっている。
GKのMagliaは黄色。
セカンドユニは、ミラン伝統の白。

面白いのは、インテルのセカンドユニ、どうやら上下チョコレート色らしい。

ユーヴェのセカンドユニはカナリア色。

どなたか画像を見つけたら、よかったら教えてね~!
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-05-06 12:38 | Pagelle
Derby Pagelle
Datasport
Kalac:6  Bonera:6  Kaladze:6  Jankukovski:6  Nesta:6  Favalli:5.5  Ambrosini:7  Pirlo:6.5  Seedorf:7  Gattuso:6  Brocchi:6  Kaka':8  Pato:無し  Inzaghi:8

NESTA;6
注意深く、専門の腕前を活かした試合。たとえ、非常事態はほとんど無かったとしても。

Kaladze:6
ネスタと共に注意深くセンターバックを守る、たとえ試合中ほとんど危機に襲われることが無かったとしても。後半にインテルがスピードを上げプレスしてくると少々苦しむ。

Ambrosini:7
試合中絶えずプッシュし続ける、非常に闘志溢れるプレイ、それが時々行き過ぎファウルを犯してしまうほど。

Pirlo:6.5
ピッチ中盤の試合構成は素晴らしい。セットプレーでは少々パワーが落ちる。

Gattuso:6
通常どおりの戦士ではない、しかしそれでも闘志を燃やし戦う、いくつかのパスミスはあるけれども。

Kaka':8
5分間の間に勝利に導くゴールのアシストひとつ、そしてゴール。試合全体を通してクオリティの非常に高いプレイ。

Inzaghi:8
ヘッドひとつがゴールとなり、もう一つはゴールをかすめ、ひとつはGKの手に納まり、Superpippoは最高のコンディションであることを再確認。



Kataweb
Kalac:6  Bonera:6.5  Nesta:7  Kaladze:6.5  Favalli:6.5  Jankulovski:6  Gattuso:7  Brocchi:6  Pirlo:7  Ambrosini:7  Kaka':8  Seedorf:7  Inzaghi:8  Pato:5
Ancelotti:7


Quotidiano.net
Kalac:6.5  Bonera:6.5  Nesta:7  Kaladze:7  Favalli:6.5  Jankulovski:6.5  Gattuso:6.5  Brocchi:6  Pirlo:6  Ambrosini:7  Kaka':7.5  Seedorf:6.5  Inzaghi:7
Ancelotti:7


SportMediaset
Kalac:5.5  Bonera:5.5  Nesta:6.5  Kaladze:6.5  Favalli:6  Jankulovski:5.5  Gattuso:6  Brocchi:6  Pirlo:6  Ambrosini:6.5  Kaka':7.5  Seedorf:6  Inzaghi:7  Pato:なし

Inzaghi:7
自らのゴールをすべて記憶している彼は、ロッカールームへ戻ってから、失敗してしまった2つのゴールをどれだけ悔しがっているだろうか。カカ’の勧誘に対して、ゴールを決めるためになら彼は家にある服のいっぱいに詰まったタンスさえもぶん投げてしまう。

Kaka':7.5
ブラジルの矢。Stevensonの小説の現代版。

Julio Cesar:6

Vieira:4.5

Crespo:4.5

Cruz:6

Ambrosini:6.5
皆さんは、眠っているときに耳のあたりをブンブン煩くする典型的な蚊が想像できるだろうか? そう、マッシモはまさにそれ。いや他意は全く無い=いわゆる夏に出てくるあの虫だ。

Kalac:5.5


Goal.com
Kalac:7  Bonera:6  Kaladze:6  Nesta:6.5  Favalli:6  Jankulovski:5  Gattuso:6.5  Brocchi:5.5  Pirlo:6  Ambrosini:7  Kaka':7.5  Seedorf:6  Inzaghi:7  Pato:5
Ancelotti:7

Goal.com合格・不合格
Kaka':7.5

Cruz:6.5

Inzaghi:7
この選手のために歓喜絶賛するのはそりゃぁ簡単だ。はっきり言って、今にもシューズを壁の釘にかけようとしている(選手生命終わり)と、誰もがそう見ていたこの選手を。それはほんの5試合前の話、今やそうではない。何故なら、どんなに大勢の人間が彼を嫌なやつだとかエゴイストだとか思っていようがなんであろうが、イタリアでここ5試合に9ゴール決める男なんだ・・・そう、彼、まさに真の"PIPPO Nazionale"。

Zanetti:6

Vieira:6.5

Ambrosini:7
懸命に献身的に尽くし続ける者を常に褒賞してきたクラブであるミランの今やプロジェクトの一部。ミランは「努力を認める」という言葉を決して忘れない。
彼は長い困難を乗り越えて、ミランに戻ってきた。そしてすべてを勝ち取り、ミランの歴史の最も重要なデルビーのうちのひとつであるこの試合でカピターノを務めるまでにたどり着く。Vieiraからタックルでボールを奪い、カカ’へ渡す、それがミランの2点目になるのである。

Mancini:5

Milanのメンタリティ:7.5
もはやボールが網を膨らまさなくなり、数々のSan Siroの美しい想い出が消えてしまったかのように思われ、まるでそれが呪いのように山ほどの困難を抱えながらのシーズンではあるが、ブランドマークはやはりこれ。今ここに再び現れた勝者のメンタリティ、幾度も幾度も、あまりにも焦りと恐れに苛まれAppiano Gentileに欠けていたそれ。このメンタリティが、イタリア国内でも、ヨーロッパでも、そして世界でも勝者を作り上げるのである。





ControcampoMediasetサッカー番組夕方版
Seedorf:6.5

Rosetti:4.5

Nesta:7
コンディションはベスト。爆裂。

Kaka':7

Crespo:5

Mancini:4

Inzaghi:7+


7Goldローカル・サッカー番組の一つ
Bonera:7  Nesta:7  Kaladze:7  Ambrosini:6.5  Inzaghi:7
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-05-05 06:08 | Pagelle
Livorno戦Pagelle 新聞などから
La Gazzetta dello Sport
PIPPO EUROSTAR
b0091466_10184220.jpg


Inzaghi:8(最優秀)  Kalac:6  Bonera:6.5  Nesta:6  Oddo:5.5  Kaladze:7  Favalli:6  Jankulovski:無し  Gattuso:6  Brocchi:6  Pirlo:6.5  Ambrosini:6.5  Kaka':6.5  Seedorf:7.5  Ancelotti:7

NESTA;6
Tavanoは大人しくてオイシイ(問題ない)相手。アンチェロッティは彼の残りの30分間を温存する。

Kaladze:7
頑強なハンマー。今回はただし、敵のほうがほとんど存在しなかったとしても。

Pirlo:6.5
彼のCKでインザーギの3点目を刻む。そして通常通りの手腕でチームを率い攻撃を操縦。リヴォルノのMF陣は誰一人として彼をプレスしようとしない:やりたい放題。

Ambrosini:6.5
美しいヘッドでゴールをかすめる。そしていつものように長距離を走り続ける。

Inzaghi:8
3ゴール、半アシスト:Superpippoは驚かすことをやめない。
b0091466_10191251.jpg





Corriere dello Sport
Inzaghi:8  Kaka':7  Seedorf:7  Ancelotti:6.5  Bonera:6.5  Pirlo:6.5  Ambrosini:6  Brocchi:6  Favalli:6  Kaladze:6  Gattuso:6  Nesta:6  Oddo:5.5  Kalac:5.5

NESTA;6
落ち度なし。

Inzaghi:8
戻ってきた。爆裂なTripletta、アッタッカンテとして長い年月を経てきた彼のレパートリーの限りをひけらかしながら。今や欧州選手権への召集への期待も。

Ancelotti:6.5
チームはあのベストの時ほどに活発ではない。しかしインザーギのおかげで容易にゴールへの道を見つけ出す。

Pirlo:6.5
あのコーナーキックを完璧に蹴った彼により、ピッポの3点目が訪れる。ドナドーニには良いニュース。
b0091466_10194123.jpg




TuttoSport
Kalac:無し  Bonera:6.5  Nesta:6  Kaladze:6.5  Favalli:6  Gattuso:6.5  Pirlo:7  Ambrosini:6.5  Seedorf:7  Kaka':7  Inzaghi:9
Ancelotti:7

NESTA;6
きっちり指揮。

Kalac:無し
ずーっと無職状態。Knezevicのゴールには体も動かさず。

Kaladze:6.5
明晰。ポジショニングもよし。

Gattuso:6.5
もし(ミランを)出て行きたいとしたら、それを最も悪い方法で見せる:つまり、皆が彼の不在を嘆いてしまうような動きということ。集中力。

Pirlo:7
延々と監督し続け。ベストコンディションを取り戻しつつあり。

Ambrosini:6.5
リヴォルノのピッチ中盤を地ならししてまわる。



il Giornale
インザーギがロナウジーニョをする。
そしてミランはロッカールームで勝利する。

インザーギ:
「誰も来シーズンのミランのフォーメーションに僕を入れていないから、自分で決めた」
b0091466_1021780.jpg


Kalac:5  Bonera:6  Nesta:6  Oddo:無し  Kaladze:6  Favalli:5.5  Jankulovski:無し  Gattuso:6  Brocchi:6  Pirlo:6  Seedorf:6  Kaka':7  Inzaghi:8
Ancelotti:6

NESTA;6
ライフイズビューティフル(訳者注:楽ちんということ)、しかもここスタジアムPicchiには太陽まで顔を出している。

Inzaghi:8
3ゴール、1アシスト、前のTriplettaは2006年2月12日だった。
b0091466_10202132.jpg





Liberosport
Inzaghi:9
Tripletta、もう10年以上もの間、Serie Aでこれほどのゴール嵐を満喫していなかった。かといって、その期間を敵のディフェンス陣に囲まれ突っ立っている銅像の役を演じていただけではない:スクデット、チャンピョンズ、様々なカップ、いくつかの満足は得てきているのだ。しかしSerie Aでのゴール・シリーズはいつまでも特別な味わいを持つ、あのしばらくの不調=クラブ世界カップ後の故障の数々が原因で=がそれを彼から奪っていた。ピッポ爆発、あらゆる方法でゴールを決め、その勢いがF.I.G.C.(ナショナルチーム)への復帰への推薦(訳者注:今日になって、F.I.G.C.会長Abeteがインザーギの絶好調を非常に喜び、ドナドーニの選択に向けて一言残している)を受けるほどに:EUROへの(召集の)電話を、待ち始めてもいいかもしれない・・・

Seedorf:8.5
SuperPippoやKaka'の好調に喜ぶミラン、しかし最も喜ばしいニュースは、クラレンスの復活である。もう長い間、このオランダ人がこれほどモチヴェーションを高く持ちキレのあるプレイを見せたことは無かった。それはチャンピョンズ枠を狙っているからかもしれない、ロナウジーニョの噂かもしれない、しかしセードルフは彼の最良の状態に戻ってきた。この日曜のデルビーでのテストを待ちながら・・・




LEGGO
b0091466_1022826.jpg

Kalac:6  Bonera:6  Nesta:6.5  Oddo:6  Kaladze:6  Favalli:6  Jankulovski:6  Gattuso:7  Brocchi:6  Pirlo:6.5  Ambrosini:6.5  Kaka':7  Seedorf:6.5  Inzaghi:8

NESTA;6.5
ディフェンスを指揮、必要なときには力を発揮。的確。

Kaladze:6
ネスタに同じく。リヴォルノのアッタッカンテたちはちっとも彼を邪魔しない。

Gattuso:7
シーズン終了後に彼は空気(チーム)を変えたい様子。アンチェロッティがなんとしても彼を手元に置こうとするのは正解。グラディエーター。

Pirlo:6.5
彼の好きなようにプレイさせてもらう。頭を高く、彼の望むとおりにチームを動かす。

Ambrosini:6.5
余りあるほどの量と質。マッシモのようなやつがチームにいるというのは、なんと嬉しいことだ。

Kaka':7
数週前の日曜あたりから再び、試合を支配し始めた。インザーギの1点目を半分アシスト、メンタルのコンディションもエクセレント。最高級クラスの選手、その動きはまるで詩を謳うよう。

Inzaghi:8
パトは強い、ジラルディーノはポテンシャルがある、ロナウジーニョはおそらくファンタスティックだろう、しかしSuperPippoは、常に「違いを見せる男」。オールドスタイルなTriplettaは、彼がゴールへの本能を全く忘れていないことを皆に知らしめる。

****************

SkySportより:
インザーギは自身が納得した上でのシングルである。中には彼を女泣かせと見る者もあり。これは伝説なのではない、はっきりとした証拠が数々。しかしインザーギはまた、素晴らしいプロフェッショナルでもある。クラブにとって、そして大勢の若いカルチャトーレたちにとっての御手本。数少ない、自己管理の鬼。真っ直ぐ線を引く必要があるときに決してそれを外さない男。35歳にして世界最強のアッタッカンテの一人。デビューの頃と全く変わらず飽くなきゴール欲。そう、だから、インザーギはEuropeo(欧州選手権)へ連れて行くべきなのである。
b0091466_10225919.jpg


*******************************

追記:
ここへきての大爆発に、TVや新聞、インターネットのあちこちでマスコミが「インザーギをEUROに!」と盛り上げているけれど、私個人的には、彼の年齢やドナドーニの性質を考えるとあまりに厳しいと思っている。
インザーギ自身が、「必要とされれば僕は受けるけど、そうでなくても僕はTifoするだけ。とてもとても落ち着いている。」と穏やかなのが幸いだ。

ひとつだけ、Mediasetのスポーツニュースのナレーションが・・・
「インザーギをEURO2008に。せめてPortafortuna(幸運を呼ぶお守り)として。何故なら実際に、彼が故障により召集されなかったEuro2004だけが、イタリアは決勝リーグへ進めなかったのである・・・」
こういう言い方なら微笑ましくていいじゃないですか。お守りを必要としているなら、そりゃ一番効くだろう、チームにひとつ、Pippo Inzaghi。


Zefiroおまけに~♪
私も【PIPPOTERAPIA】したい・・・
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-04-29 10:27 | Pagelle
Livorno戦Pagelle
b0091466_83973.jpg

Datasport
Kalac:6  Bonera:7  Kaladze:6.5  Jankulovski:無し  Nesta:6.5  Favalli:6  Oddo:6  Brocchi:6  Pirlo:6.5  Seedorf:7  Gattuso:6.5  Kaka':6.5  Ambrosini:6  Inzaghi:8

NESTA;6.5
熟練したディフェンス指揮、それはアンチェロッティが彼を(デルビーに備え)温存のため交代させるまで続く。実に、彼は累積のリスクがあったのだ。

Pirlo:6.5
彼のキャラクターに合わせリズムがゆっくりな試合:AzzurroのCentrocampistaはインスピレーションに富んだ今日のアッタッカンテたちのために刺繍をする。やり過ぎることも無しに。

Gattuso:6.5
ミランがピッチ中盤より前をベルベットの上を滑るように試合ができているのだとしたら、それは彼のおかげでもある。出て行きたいと?クラブは彼をしっかりと捕まえておくべき。

Seedorf:7
彼の足から1-0のアクションが生まれ、試合の均衡を破る。後半にはその力強い左で戦いを締める。いつもこういうプレイをしていれば、今頃ミランはどこまで進めていただろう・・・

Inzaghi:8
Superpippoは爆発的なコンディション:チャンピョンズリーグのために鍵となる本質的な3ゴールに、友人セードルフへのアシスト。カンピオナート9ゴール目に届き、ここで止まる気は無さそうだ。突如、EUROのアッタッカンテポスト争いに躍り出る。



SportMediaset
Kalac:5.5  Bonera:6  Nesta:6.5  Oddo:無し  Kaladze:6  Favalli:6  Jankulovski:無し  Gattuso:6  Brocchi:無し  Pirlo:5.5  Ambrosini:6  Kaka':6.5  Seedorf:6.5  Inzaghi:7.5

Inzaghi:7.5
いったい何と言えばいいのか・・・何も言えない、アンチェロッティが呼べばいつも応える彼に対して。このTriplettaが4位を近づけ(つまりチャンピョンズ)、いまやその距離は2ポイントのみ。


Kataweb
Kalac:6  Bonera:6.5  Nesta:6.5  Oddo:5  Kaladze:6.5  Favalli:6  Jankulovski:5.5  Gattuso:6.5  Brocchi:6.5  Pirlo:6.5  Ambrosini:7  Seedorf:6.5  Kaka':6  Inzaghi:8.5



Goal.com.
Kalac:6  Bonera:6.5  Nesta:7  Oddo:無し  Kaladze:6.5  Favalli:6.5  Jankulovski:無し  Gattuso:6  Brocchi:6  Pirlo:6  Ambrosini:6.5  Kaka':7  Seedorf:7  Inzaghi:8
Ancelotti:7


Goal.com.合格・不合格
インザーギ、新ミダース王
ボネーラ、ネスタ、誰も越えられず

Inzaghi:8
新しいミダースの王(神話)、すべてを金に変えてしまう、彼が・・・(手を触れるのではなく)蹴ったものを。輝かしいTriplettaを決め、相変わらずPKエリアの壮絶な力を証明。こうなると、このSuperpippoを3ヶ月もボックスに停めていた故障が悔やまれてならない。

Diamanti:6

Kaka':7

Tavano:5.5

Bonera:6.5
本日の喜ばしいサプライズ;オッドより彼のほうが選ばれ右サイドに、ミスの無い素晴らしい試合、攻撃のチャンスも創り出す。彼のクロスが、Superpippoの2点目に繋がる。

Melara:5

NESTA;7
元ラツィオのディフェンソーレは、最良のコンディションを取り戻したらしい。カモレーゼ率いる青ざめた攻撃陣は彼を全く苦労させず。ボールを持ち前へ飛び出すいくつかの動きは壮麗。コンディションの良いときは、いまだにこの美しい国(イタリア)最強のディフェンソーレである。Maglia Azzurraと別れを告げたのが残念。

Camolese:5.5
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-04-28 07:43 | Pagelle
Reggina戦Pagelle 新聞とか
b0091466_5542497.jpg
Corriere dello Sport
インザーギ、いつもこいつ
ガットゥーゾ胸に迫るプレイ
バッレート、なんというゴール!
コッツァ、クオリティ

Kaka':8  Inzaghi:7  Pato:7  Ancelotti:6.5  Gattuso:6.5  Gourcuff:6.5  Pirlo:6.5  Brocchi:6.5  Kalac:6  Cafu:6  Simi:6  Kaladze:6  Favalli:6  Nesta:5.5  Seedorf:5

NESTA;5.5
予想のつかないミスが少々多い

Kaka':8
洪水の如し。ミランは彼無しではやれない。唯一、インザーギと共に、Rossoneroの皆をチャンピョンズリーグへ導くことができる。

Inzaghi:7
シーズン15試合スタメン13ゴール(Campionatoでは6)。Superpippoの長寿を願う。

Pato:7
初めはゴール枠に当て、それをインザーギが拾ってゴールにしてしまう。それからミランのMagliaで8ゴール目を決める。

Gattuso:6.5
RossoneroのTifosiは皆彼の傍にいる。リーノは彼らしいやり方でそれに応える。グランデな精力で。

Pirlo:6.5
彼の力でやれるだけの充分なスペースで満足。

Seedorf:5
戦術的に苦労するが、いつものようにCentrocampoのラインに合わせたプレイ。ガットゥーゾがを叱咤、アンチェロッティはそれよりは和らいでいるが、しかしオランダ人のその立場はかなり危機に面している。



TuttoSport
Kalac:6.5  Cafu:6  Nesta:6  Kaladze:6  Favalli:6  Brocchi:6  Pirlo:6.5  Gattuso:6.5  Gourcuff:6.5  Seedorf:6  Pato:7  Kaka':8  Inzaghi:6.5 
Ancelotti:6.5

NESTA;6
ディフェンスラインが整っているときよりも、むしろ開いてしまったスペースを閉めに向かう時のほうが上手い。(整然としているときには)彼まで不安定になって混乱してはならないのだ。

Pato:7
他の試合よりもかなり具体的で決断力あり:20分間のプレイで1本はバーに、1本はゴールに。大仕事。

Inzaghi:6.5
椅子さえもドリブリングできないだろう、しかし彼は「諦め」という言葉を知らない。ゴールは、そう、彼の執念へのプレミアム。

Gourcuff:6.5
パトのゴールへアシスト。



ControcampoMediasetサッカー番組・日曜夕方版
Seedorf:6
Campagnolo:6+
Cafu:6.5 コクーン
Pirlo:7+ ワールドカップの姿が再び見られる
Vigiani:6.5
Inzaghi:6+
Barreto:7
Kaka':8



LiberoSport
Kaka':9

Pirlo:7
シーズンの最も重要な時期に陥ってしまっていた危機から少しずつ復活してきている。レッジーナ戦では彼の才能溢れるアシストで試合をスタート。閃きだけではない、90分間を通して常に明晰であった。

b0091466_555534.jpg



il Giornale
ガットゥーゾ、真のDiavolo(デビル=ミラニスタ)

Kalac:6.5  Cafu:6  Simic:無し  Nesta:5.5  Kaladze:6  Favalli:5  Gattuso:7  Gourcuff:無し  Pirlo:6.5  Brocchi:6  Seedorf:6  Pato:7  Kaka':7.5  Inzaghi:6.5
Ancelotti:7

NESTA;5.5
あまり役には立たない彼の復帰、何故ならクリアの初歩的ミス、Amorusoにバトルの機会を与えすぎ。

Gattuso:7
「Uno di noi」(俺たちの仲間)とCurvaから怒号が、彼は、怠け者(Seedorf)を叱咤、呼び戻しながら走り続ける。交代させられるが不満は無し。

Pirlo:6.5
右に入る。ミドルシュートを試み、巧みな技でチームメイトたちへボールを配給。

Inzaghi:6.5
13ゴール目を決めたばかり、彼の才能はまだまだ衰えず。ドナドーニ、考えてみてくれ。

Ancelotti:7
ディフェンス陣の目を覚まさせるべき。
b0091466_12324685.jpg

[PR]
by celeste13zefiro | 2008-04-22 05:55 | Pagelle
Reggina戦Pagelle
b0091466_3431472.jpg
Datasport
Kalac:6  Simic:無し  Kaladze:6.5  Nesta:6.5  Favalli:6  Cafu:6.5  Brocchi:6.5  Pirlo:7  Seedorf:6.5  Gattuso:6.5  Kaka':9  Gourcuff:6  Pato:7  Inzaghi:7.5

Kaladze:6.5
全く、またはほとんどAmorusoやBrienzaにチャンスを与えず。セットプレーや高いボールに対して常に注意深く、グランデな安定感を示す。

NESTA;6.5
カラーゼに同じく。ディフェンスのセンターに戻ってきた2人の確実性。不注意は最小限に留められディフェンス陣の指揮にパーソナリティを見せる。

Pirlo:7
復活したメトロノーム。彼の美しい(好調の)ときのようにリズムと縦線を刻む。後半にはゴールをもかすめるが、Campagnolo(GK)の手を焦がし上に外れ。

Gattuso:6.5
カピターノ、TifosiのCoroに応え試合を通して闘志を燃やし走り続ける。ミランは彼無しではやれない。そしてRossoneroのSupportersはもはや彼をBandieraと見なしているのである。

Kaka':9
ただただ圧巻。ハイクラスのプレイ、致命的で氷のように冷静なるゴール、一試合の中に彼のレパートリーすべてを出す。

Pato:7
信じられない。ピッチに上がることさえできなかったはずだ。しかし、数分間だけの出場でインザーギのゴールに絡み、ヘッドで自身もゴール。これ以上彼に望むことは無し。

Inzaghi:7.5
いつものように、貪欲にチャンスを奪い取る。何度となくゴールをかすめるが成功の一かきが足りず、後半にパトのシュートからゴールをものにする。


Kataweb
Kalac:6  Cafu:6.5  Simic:6  Nesta:6.5  Kaladze:6.5  Favalli:6.5  Gattuso:7  Gourcuff:6  Pirlo:7.5  Brocchi:6.5  Kaka':9  Seedorf:5  Pato:6.5  Inzaghi:7
Ancelotti:7


b0091466_41552.jpg

SportMediaset
Kalac:5.5  Cafu:6  Simic:無し  Nesta:6  Kaladze:5  Favalli:6  Gattuso:6.5  Gourcuff:無し  Pirlo:6  Brocchi:6  Kaka':8.5  Seedorf:5.5  Pato:6.5  Inzaghi:6.5

Inzaghi:6.5
まるで呪われたような勢いで戦い、非常に怒りを露にし、いくつかチャンスを無駄にする。しかし最後には彼の爪痕を残すのである。



Goal.com
Kalac:6  Nesta:6.5  Cafu:6.5  Simic:6  Kaladze:6  Favalli:6  Gattuso:6.5  Gourcuff:6  Pirlo:6.5  Brocchi:6  Kaka':7.5  Seedorf:6.5  Pato:6.5  Inzaghi:6.5
Ancelotti:6.5


Goal.com合格・不合格

Inzaghi:6.5
いつもそこにいる、たとえ必要の無いときでも。

Campagnolo:6.5
しかし試合前半のフェアプレイに対して:10

Kaka':7.5
とてつもないブラジル人プレイヤー。

Modesto:4.5

Brienza:5.5

Kalac:6

Amoruso:5.5
b0091466_3444960.jpg
********************

本日の気になる言葉:

Kaka' 試合直後インタビューにて:
「ガットゥーゾがチームに残るよう願っている」

・・・やっぱり、ほんとに何かあるんですなぁ・・・



Ancelotti 試合終了後記者会見にて:
「インザーギ? 彼が10歳若ければいいのに・・・」

・・・これは賞賛の言葉。


試合中、セードルフに対してガットゥーゾが吠え、監督に抗議をした。
セードルフは「俺にディフェンスもしろと?」>監督
アンチェロッティは「SI'!」

試合後セードルフは記者の質問に:
「いろんなタイプの選手が存在する中、サネッティ(インテル)のような守りの多いのもいれば、僕のように攻撃中心の者もいる。攻撃に動く僕にはカバーをする他の選手も必要。」

・・・↓の記事や最近のインタビューでアンブロジーニも言っている「全員が、それ以上の力を出し合って責任を持って戦わなければ・・・」に照らし合わせると、少々ひっかかるものがある、セードルフの態度。それと、こういうこともガットゥーゾの不満のひとつなのかなぁと・・・
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-04-21 03:46 | Pagelle
あれが効いた
Cagliari戦Pagelleは各紙各局各サイト高評価が並ぶ。
ちょこっとだけ抜粋で。
b0091466_5293545.jpg


Ancelotti:7
あの・・・鞭打ちタイムが効いたということだ。次にトリノでユヴェントゥス戦に向かうための緊張感と集中力を保つべく、また行われるだろう。(TuttoSport)

Ambrosini:7
存在そのものがスペクタクル。守り、そして再び攻撃へ起動、それが絶え間なく続く。まるで、あの2年間の苦しみ(原因の曖昧な様々な故障で長くストップ)の後、過去に貯蓄してあったエネルギーをすべて取り戻したかのよう。(TuttoSport)

Gattuso:6.5
悪魔にとりつかれたかのよう、敵を脅かす。(Corriere dello Sport)

b0091466_530265.jpg
Pirlo:6.5
正確なパス、閃きのあるロングパスでチームの手綱を巧く握る。(DataSport)

Bonera:6.5
過去にもすでにサイドラインで良いプレイを見せた。Cagliari戦ではしかしその上にアスリート的にフレッシュさも見出す。(TuttoSport)

Kaka':8
素晴らしいコンディションを取り戻す。カッリアリの右ラインが危ういのを察知、彼のスピードアップで哀れなFerriを倒す。素晴らしいゴール、Doppiettaのチャンスも掠める。(DataSport)

Inzaghi:8
SuperPippoらしき試合:1点目ではマークを外すのがうまく、2点目の敵のマークでは強情っぱり。(DataSport)
ダッシュ、ドリブル、コケる、それでも再び立ち上がり結局ゴールを決める。(SportMediaset)
b0091466_5305051.jpg

[PR]
by celeste13zefiro | 2008-04-07 05:30 | Pagelle
Atalanta戦Pagelle 新聞などから
b0091466_6255770.jpg
La Gazzetta dello Sport
MILAN:4  ATALANTA:7

Ambrosini:6.5(最優秀)  Kalac:6.5  Oddo:5  Brocchi:6  Nesta:5  Maldini:5.5  Favalli:4.5  Kaladze:5.5  Gattuso:5.5  Pirlo:4.5  Seedorf:4  Pato:5  Gilardino:5  Paloschi:5
Ancelotti:5

NESTA;5
2-0となるFloccariのアクションを楽々と許してしまい、試合終了間際にはレッドまでくらう。

Kalac:6.5
二度の決定的なブロック。失点での彼の責任はゼロ。

Ambrosini:6.5
唯一、まるで呪われたように戦い続ける:ゴールを決めるが取り消され、PKを獲得。決して諦めない。

Ancelotti:5
酷いミラン、エネルギーは切れ、欝に沈んでいる。




Corriere dello Sport
Gattuso:6  Kaladze:6  Kalac:6  Ambrosini:6  Paloschi:6  Pato:5.5  Maldini:5.5  Brocchi:5  Oddo:4.5  Gilardino:4.5  Ancelotti:4  Nesta:4  Favalli:4  Seedorf:4  Pirlo:4

NESTA;4
抗議に対する一発退場のレッドが、その酷い試合を最悪の形で終える。

Gattuso:6
出来る限りすべてを尽くす:アッタッカンテをやり、そして右サイドバックも。時々は自分のポジションも・・・

Kaladze:6
度重なる痙攣に襲われるRossoneroのディフェンスゾーンで、しばしばたった一人で防御している。

Ambrosini:6
あまりにもはっきりしていたPKを(主審のミスで)与えられず。戦い、戦い抜く。いつものように。

Paloschi:6
すぐにチームに貢献。ミランの攻撃で最もパワーあり。



TuttoSport
ネスタ不在
ピルロうまくいかず
パロスキOK

Kalac:6  Oddo:4.5  Brocchi:5.5  Nesta:4.5  Maldini:5.5  Favalli:4  Kaladze:5.5  Gattuso:6  Pirlo:4.5  Ambrosini:6.5  Seedorf:4.5  Gilardino:5  Paloschi:6  Pato:5.5
Ancelotti:5

NESTA;4.5
2-0のアクション、嘲るように容易にRossoneroのセンターバックを越えるときのFloccariはまるでファンバステンのよう。全体的にネガティヴなプレイの頂点に、抗議によるしょうもない退場処分。たとえ主審Brighiが、納得できないような状況を山のように提供したとしても。

Paloschi:6
後半から入りすぐに深く切り込んでいく。取り消されたセードルフのゴール、アンブロジーニのPKに絡む。



il Giornale
Kalac:6  Oddo:5 Brocchi:5  Nesta:5  Maldini:6  Favalli:5  Kaladze:6  Gattuso:6  Pirlo:5  Ambrosini:5  Seedorf:5  Gilardino:5  Paloschi:5  Pato:5
Ancelotti:6

NESTA;5
2失点目のアクションでFloccariに恥ずかしくもドリブリングを許してしまう。残りは、足を震わせながらの試合。

Paloschi:5
残念、しかし結局のところ、奇跡を期待されピッチに途中から入ってもそれができないのは彼の責任ではない。

Pato:5
タッチ、美しいプレイ。しかし最後には何も残らない。

Gilardino:5
4月5日の土曜、Cagliari戦で晴れて「San Siroでゴール無し満一年」を祝う。

Pirlo:5
フィジカルコンディションが落ちているのは明白。PKをミス、最後にはその肩に十字架を背負う。




Leggo街の無料新聞
「そしてミランはいなくなってしまった」

Kalac:6  Oddo:4.5  Brocchi:5  Nesta:5  Maldini:6  Favalli:5  Kaladze:6  Gattuso:6  Pirlo:5  Ambrosini:6.5  Seedorf:5  Gilardino:4.5  Paloschi:6.5  Pato:5.5

NESTA;5
Floccariを止めることがほとんどできない。終了間際には退場処分まで受けてしまう。

Ambrosini:6.5
得点するためにあらゆることをする。PKをひとつ獲得、ひとつは取り消され。

Paloschi:6.5
ミランに再び頭を上げさせる。

Pato:5.5
パロスキの傍らだとより力を出せる、が決定力があまりにも欠けている。哀れな18歳、すべてを彼一人でやることはできないのだ。





Libero Sport
Campionato31の合格
Floccari-Ferreira Pinto:7.5

Ambrosini:7
ミラニスタで唯一、最後まで諦めない男。

Di Michele:7

Sammarco:7.5

Hamsik:7

不合格
Oddo-Favalli:4
センターバックたちに責任が無いというわけではない、しかし、問題の原因がサイドバックのほうにあるのはあまりにも明確。

Seedorf:4.5

Pirlo:5
少なくともこの1ヶ月は、もう以前の彼ではない。アイディアが閃かず、敵のMF陣のプレッシングにかなり苦しめられる。

Maldini:5.5
彼の試合のプレイを語るのはよそう。問題は、ブーイングの笛を吹くTifosiに対する皮肉な拍手。Rossoneroの観衆は、対アーセナルで敗退したチームに対してむしろ理解があったほうだ。しかしカンピオナートの状況は明らかにフォローの使用が無い。San Siroでの試合ぶりはしばしば見ていられないもの。人々は金を払い年間登録をしている、それなのにチームが酷いことになっていたら、怒りを示す権利はあるのではないか?

Brighi:4
Milan-Atalanta戦の審判において、まず彼の協力者(線審)たちが最悪であった。Moviola(ヴィデオ映像)でははっきりと、審判のミスを示している。また、試合中に中断がかなりあったにも関わらずロスタイムはたったの3分しか与えないミス。もちろん5~6分与えたからといって試合結果が変わるとは言えない、しかしこれは基本的な問題である。

Marzoratti:5
ミランのディフェンス陣の危機はここでも見られてしまった・・・彼もミランのディフェンソーレなのだから。(訳者注:現在エンポリでプレイ。昨日のSamp戦でオウンゴールしてしまったのだ)
はっきりしておくが、敗戦の責任は彼だけにあるのではない。監督マレザーニを筆頭に、ほとんどが悪かった。

Kuzmanovic:5.5

Jimenez:5.5
b0091466_6271522.jpg


あぁこれがぜ~んぶ、エイプリルフールだったらええのにねぇ・・・
[PR]
by celeste13zefiro | 2008-04-01 06:28 | Pagelle