カテゴリ:NAZIONALE( 121 )
言行一致
速報:
アタランタ・ミランは、無観客で再試合に。


************************


Gazzetta dello Sportで今日はピルロのインタビュー記事が掲載されている。
こちらはGoal.comにUpされていたもの、を訳してご紹介。

Q:
(ワールドカップに続き)欧州選手権へも私たちを導いてくれるのですね。嬉しいですか?

Pirlo:
嬉しい。グラスゴーのような試合が必要だったんだ、僕たちのためにも、今のカルチョ・イタリアーノの現状にも。

Q:
ドナドーニの勝利でしたね。

P:
リッピの後を引き継ぐのは容易なことではない。ドナドーニは大きな経験が無かった、滑り出しの数試合は厳しいものだった。それから、皆がより力を出さなければということに気がついた。ドナドーニはとても成長した・・・

Q:
彼はどのようにして信頼を勝ち得たのでしょう?

P:
言うことと行動が一貫していること、何よりもまずそれ。彼は誰の顔色も伺わなかった。ナショナルチームを引退すると決めた者を取り戻そうと努力した、けれど後を追いかけることはしなかった。彼のその態度が、チームに残った者たちに力を与えた。

Q:
《年寄り》のパヌッチを呼び戻し、その彼が本戦出場権に繋がるゴールを決めた。

P:
これが、監督の力。名声や身分証明書(つまり年齢)など気にしなかった。よりコンディションのいい者を呼んだ。

Q:
ドナドーニのナショナルチームとリッピのそれではどのような違いが?

P:
(ドナドーニのは)より親近感がある。僕たちにはワールドカップのスピリッツが保たれているし、自分たちの力をよく知っている。それが、ベルリン(の決勝)の前には欠けていたこと。

Q:
欧州選手権のライバルを選んでください。

P:
フランス。

Q:
誰が一番輝くでしょうね? イブラヒモヴィッチ、クリスティアーノ・ロナウド、ルーニー・・・

P:
僕はとてもリベリーが好きだ。それとファブレガス。それとファン・ニステルローイもいる。

Q:
リッピによると、バロンドールは貴方ですが。

P:
Grazie。でも、あれはもはやカカ’のもの・・・彼にはそれだけの価値がある。決定的なゴールを決めている。

Q:
欧州選手権は、バロンドール2008のためにも非常に重要な舞台ですね。

P:
そう、また挑戦するつもりだ・・・
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-11-19 21:09 | NAZIONALE
仲良し
昨夜のDomenica Sportiva(RAIスポーツ番組)の1シーン:

スコットランド戦で貴重なゴールを決めたパヌッチが取り上げられていましたが、司会者が横に座っているカペッロに向かって、「しかし、『カペッロのお気に入り』と言われることを貴方は好きではないんですよね・・・」と。
なんだけど、そのはずのカペッロがしゃべった。
「ドナドーニがナショナルチームのためにパヌッチに電話したとき、私に彼は電話をかけてきて『ドナドーニから電話があった、どう思う?』と。私は答えた。『Scherzi!!!』(これは『冗談でも断る気は無いよな??』という応援の気持ち)と。」


やっぱり、なかよしだったんですねー。

しかも、ミステル・カペッロに対して「Tu」(友達関係で使う呼び方)なんだということも、今回わかった。


この「カペッロとパヌッチの会話」で番組は沸いていたけれど、自分が認めた選手が実際に活躍するのは、やっぱり嬉しそうであった。「私は彼がナショナルチームに選ばれていなかったのが常に疑問だった・・・」て。

***********************

ところで、日曜にはローカル番組でもう完全に恒例になったらしい、霊能おねえさんの出演&予言。

この間のユーヴェ・インテル戦は「2-1でユーヴェ勝利」と言い、その後、ことあるごとにユヴェンティーノ記者は「俺まだ2-1の勝利待ってんだけど?」と皮肉られてるそうだけど(笑)

今週の予言(?)てことで、とりあえず書いておくよ。


イタリア・ナショナルチームの次の監督は、カペッロ。
(ドナドーニがうまく行かないという意味では無い)

アンチェロッティは、レアル・マドリッドの監督になる。
(いつ、っていうのは不明)

で、やっぱり繰り返していたけれど、今シーズンのチャンピョンズリーグ決勝は、インテルと、プレミアのチームだそうです。



いや、だからカペッロにはずーーーっと、TV解説しててもらいたいんだけどなぁ。


@@@@@

ついでにここに、おまけで書いておきます。
去年ブッフォンのToys Centerというおもちゃチェーン店の笑えるCMがありましたが、クリスマスが近づき始めた今年も、また新しいヴァージョンがスタートしました。今回は彼女と一緒の出演。おもしろいかどうかっていったら・・・まぁ普通。でもとりあえず情報として。
やっぱり、絶対にCanta Tuの下手っぴぃカラオケがいい!
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-11-19 20:13 | NAZIONALE
合格・合格
勝利のおまけに、ニュースサイトの試合Pagelleから少しここに。

Goal.com
Pirlo:7
試合を決定した2つのシーンの主役。1-0の試合前半終了間際、Weirのヘッドによる同点の危機を彼が救う。そしてグラスゴーの歴史的な勝利(訳者注:スコットランドはあの地で無敗、イタリアは、60年代からそのスタジアムで勝利していない)に導いたパヌッチのゴールには彼のサインも刻まれている。ピルロからのキッスものなクロスからのゴールであった。

Hutton:7

Panucci:7
彼のゴールが、Azzurriに完全に欧州選手権の扉を開いた。素晴らしいポジションからの正確なヘッドシュートが、その数分前に犯したミスを消し去る。ゴールはともかく、彼のエリアにおいてあらゆる穴を埋め、注意深いプレイで、全体としてもよい試合であった。

Barzagli:7
この選手は、多くの者にとって鎖(チーム)の最も弱い部分と見られていた、しかし最後にはピッチ上最も素晴らしいプレイをしたうちの一人。賞賛に値する。スコットランドのゴールに関してはアンラッキー。

Ferguson:6.5

Donadoni:6.5

McCulloch:5.5

Toniに対するスコットランドのディフェンス:2

線審Jimenez:4
ピッチ上絶対に最悪だったのが彼。試合前半にはDi Nataleのゴールを間違えてオフサイドとし、後半には、オフサイドであるスコットランドのゴールを認める。彼にとって幸いだったのは、パヌッチのゴールが、結局すべての者が納得する試合にしたこと。

Hampden ParkでのAzzurro応援:10点満点
1000人強の勇気あるイタリア人が、グラスゴーまで彼らのアイドルたちをサポートするため訪れる。彼らの力が、最後には反映された。

スコットランドとイタリアの姉妹応援:10点満点
グラスゴーのスタジアムに見られた美しいカルチョの姿。イタリアとスコットランドのTifosiが、お互い肩と肩をつき合わせ、警備隊の必要も全く無く試合を追う。
ここは別の国、別のメンタリティ。



Zefiro Home

ところで、カターニアで亡くなった警官の未亡人は、その後様々なイヴェントや学校、団体、TV番組などで「暴力の無いTifo」を訴え力を尽くしているらしい。先日もRAIのお昼の番組で語っていたけれど、一人の主婦が、公の場でここまで決然としかもきっちり整理された(&心を打つ)話ができるんだなぁと、彼女の姿には毎回驚かされる。
このカターニア事件の後、スポーツ大臣は「カルチャトーレに全国各地の学校を訪れてもらい、子供たちにカルチョの本来の楽しみを、あるべきスポーツの姿を身を持って伝えていく行動をしましょう」と提案、各界に非常に好意的に受け入れられ、実行することに決まり・・・結局、行われたのは1度きりだったそう。
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-11-18 23:20 | NAZIONALE
Scozia - Italia
EURO2008予選  Scozia-Italia 1-2

VITTORIA!!! E QUALIFICATI!!!
b0091466_4101877.jpg

b0091466_435119.jpg

b0091466_10222171.jpg
b0091466_10381832.jpg
ひぇぁ~~、こわかった~~!

 
Zefiro Home

試合後数時間、落ち着いてから追記:
ひゃーまったく・・・
今のこのイタリアが、どれだけの根性と実力見せてくれるか全く予想がつかない(信用できんとも言う)もんで、負けもあることも胸におきながら観戦。(実はわけあってほとんど徹夜だったから、もしかして寝ちゃおっかな~とも思ったし)
しかし、まぁいい試合だった。気が抜けてなくてよかった(笑)。
San Pirlo(by Gazzetta)、素晴らしい。ロッソネーロ色なMF陣がかなり頑張っていた。いやもちろん、皆の頑張りが見えたから嬉しかったけど。バルザッリの表情が随分キリッと成長してプレイにもその雄々しさと自信が滲み出てたのも嬉しいじゃないか。
パヌッチ、パヌッチ~~!
ほんとは、試合全体ではいまひとつな動きだったんだけど、最後のロスタイムで、彼のヘッドがイタリアをEURO2008に導いた。忘れちゃいかんが、それに繋がるFKを蹴ったのはピルロである、ひっひっひ。
ワールドカップ、「パヌッチ呼べ派」だった私の気持ちが、どっかなんか報われた感じ。ちなみにGol della Carriera(キャリアに残るゴール)決めたパヌッチ、試合後に興奮しながら話してたけど、あまりの嬉しさにちょっと泣いちゃったそうだ。


しっかし、しつこく言うけど、カペッロの解説は最高であるよ。
誰よりも燃えて試合観てるよ、彼は。しかもプレイやファウルの説明のタイミングが絶妙で正確。監督としてはヤなやつとよく言われるけど(マスコミの評判も悪いし)、いいプレイを見たときその選手やチームへ向けての言葉はとっても温かい。
一生解説しててほしい(爆)。


試合後のガットゥーゾ:
「このナショナルチームが欧州選手権に出場することができたのを誇りに思っている。

・・・でも、ムカつくよな。なんでって、俺ら、フランスも勝ち抜きさせてやったんだから。Domenechはいっつもいつもうぜぇんだよ。勝つ価値ねぇよまったく。ヨーロッパの本大会であいつらに対戦して、「お仕置き」してやりたいもんだ。(ちと意訳)」

b0091466_20413987.jpg
b0091466_20422522.jpg

[PR]
by celeste13zefiro | 2007-11-18 03:08 | NAZIONALE
まともなデザイン
EURO2008予選に向け、ナショナルチーム週間突入。

というか、あの事件ですっかり話題の中心がそっちへ向けられ、Covercianoはひっそりとスタートしていた・・・練習風景Video


本日、新しいユニフォームがお披露目。
アウェイの白いのを着て、グラスゴーで試合することになる。
TVのニュースで見た印象・・・

まともなデザイン

b0091466_749562.jpg
お披露目はとりあえずアウェイのみ。
襟付、金の縁取りが襟と袖口に。

他の画像は↓のコメント欄にびあんかさんがアドレス貼ってくれてます。



・・・ネスタが着た最後のMaglia Azzurraが、汗染みだもんなぁ・・・
汗染みシャツで、ワールドカップ優勝だもんなぁ・・・

ま、デザインの良し悪しで勝ち負けが決まるわけじゃないっていう証明でもあったわけですが(笑)。
以下、ドナドーニの召集メンバー

GK: Amelia  Buffon  Curci

DF:Barzagli  Bonera  Cannavaro  Chiellini  Grosso  Oddo  Panucci  Zambrotta  

MF:Ambrosini  Camoranesi  De Rossi  Gattuso  Perrotta  Pirlo  

FW:Di Natale  Gilardino  Iaquinta  Lucarelli  Palladino  Quagliarella  Toni


金曜日にはグラスゴーへ向かう予定。
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-11-13 21:35 | NAZIONALE
Grazie Georgia
今日のイタリアの一言はこれでしょう、やっぱり。


今のナショナルチームが、あんまり「プレゼント」もらっちゃうのはいかんとも思うんだが(笑)。

とりあえず。

今夜の親善試合、何度も言うけどやっぱり一番おもちろいのは解説だったけど(笑)そのカペッロの評価ではRosina、Foggiaが7.5と高い。
途中から入ったジラルディーノが、ここでもまた!ボールを枠に弾かれていた~。
b0091466_6334147.jpg

あ、試合結果書くの忘れてた。
欧州選手権予選:グルジアvsスコットランド 2-0
親善試合:イタリアvs南アフリカ2-0
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-10-18 06:21 | NAZIONALE
Numero 10
水曜日にはSienaで南アフリカとの親善試合が行われるナショナルチーム。自分の贔屓の選手たちがいるわけでなし、テスト的に召集されてる者ばっかりだし・・・というわけで、気持ちがそんなにあっちへ向いてないんだけど、Controcampoサイトで読んだこれをご紹介。
b0091466_442524.jpg


Maglia Numero 10: 最近はデ・ロッシの背中に輝いていた番号。ところが彼は今回言う。「これは、身につける選手のキャラクターが、俺のそれとは違う。(10番に値する者は)10年に一人しか出てこない。俺は自分の元々着ていた16番がいい。娘の生まれた日の数字。」

そっかぁ・・・現時点で、イタリアの将来を背負う彼こそが、10番に相応しいと、私は信じてるんですけどねぇ・・・

南アフリカ戦では、彼はカピターノとして試合出場。

Zefiro Home

そして、13番はやっぱり、永遠にネスタのものだなぁと、思うわけだ・・・
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-10-16 04:43 | NAZIONALE
Italia-Georgia
欧州選手権予選
Italia-Georgia 2-0
b0091466_8374371.jpg
b0091466_8354283.jpg
b0091466_835530.jpg


b0091466_8192281.jpg
b0091466_8204389.jpg

ピルロのFKがスーペル!であった。

この試合、でもやっぱり一番おもしろかったのは・・・カペッロの解説だった(笑)

面白味の無い試合をするので有名な監督(現在浪人中)だけど、解説んときは、実に楽しそうにしゃべっている。サッカー大好き、戦略考えるの大好きらしい。
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-10-14 08:22 | NAZIONALE
ナショナルチーム召集
ナショナルチーム召集メンバー発表

GK:Amelia  Buffon  Curci 

DF:Barzagli  Bonera  Chiellini  Gamberini  Grosso  Oddo  Panucci

MF:Ambrosini  De Rossi  Gattuso  Mauri  Montolivo  Pirlo

FW:Di Natale  Foggia  Iaquinta  Lucarelli  Quagliarella  Toni

注:
カンナヴァーロは出場停止
ザンブロッタ、カモラネージ、アクイラーニ、ペッロッタは故障


13日(土)欧州予選グルジア戦

17日(水)には南アフリカとの親善試合もあり 
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-10-08 06:45 | NAZIONALE
Ucraina - Italia
欧州選手権予選

スタメン
          BUFFON
  CANNAVARO    BARZAGLI
PANUCCI             ZAMBROTTA
      PIRLO    AMBROSINI
         PERROTTA
CAMORANESI       DI NATALE
          IAQUINTA
b0091466_6212826.jpg



試合終了
Ucraina - Italia 1-2
(ゴール:Di Natale, Di Natale, Shevchenko)

勝ったからいいけど、どよ~んとした試合だった。
選手の動きが噛み合って無い感じ。

久しぶりに見るシェフチェンコの撓う美しい体が懐かしかった。

ところで、カンナヴァーロの能面Tatooは前からあった?

Zefiro Home


RAIのカペッロの解説、笑える。
完璧に監督の目で、ときどき本音で感動しててときどき毒気があって。
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-09-13 05:46 | NAZIONALE