「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 12月 ( 76 )   > この月の画像一覧
2008は・・・
2007年最後の霊能おねえさんの予告

今シーズン、Coppa Italia優勝はユヴェントゥス

スクデットはローマ

インテルはチャンピョンズリーグ決勝進出、対戦相手はイングランドのチーム

カンピオナート上位4チームは、インテル、ローマ、ユーヴェ、ミラン


ミランはこれから盛り返すとのこと。


他にもいっぱい、どのチームの監督が解雇になるとか、ミランに誰が来る(ロナウジーニョ&ザンブロッタ、たぶんフレイ)とか、ユーヴェから誰が出て行き誰が来るとか・・・なんかいろいろ言ってたんだけど、とりあえず重要なポイントがそんなところでした。


追記:
スポーツサイトに、彼女の予告が更に詳しく載っていたのでそれもご紹介。

チャンピョンズは・・・インテルが優勝

Serie Aのゴール王・・・トレゼゲ

ロナウドはミランを離れるか・・・Yes
                 また同時に、強いロナウドに復帰する。

ミランはアッタッカンテを獲得するか・・・ロナウジーニョ。シェフチェンコの復帰も。

EURO2008・・・イタリアは決勝へ。対戦相手はおそらくドイツ。
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-12-31 20:18 | CALCIO
ごるごる・こっぱこっぱ・13番の場合
YOKOHAMAの余韻まだまだ・・・というより、まだ貼ってなかった画像を。


ほんとおおおおおおに!今までに見たこと無いネスタシーン満載でした。


ネスタがごるしてCurvaに突進していくって・・・ラツィオ時代以来じゃないか?
b0091466_8574229.jpg



思えばワールドカップ2006、数少ないネスタの画像で一番好きなのが、ガーナ戦ピルロのゴール後のハグシーンだった。
今ここで、ネスタのゴールで2人のAbbraccioが見られるとは・・・
b0091466_8585447.jpg
b0091466_8592469.jpg
b0091466_901169.jpg
b0091466_90368.jpg
b0091466_911728.jpg
b0091466_934510.jpg



Coppaに向かってわらわらと寄っていくネスタ・・・これも貴重!
b0091466_94498.jpg

b0091466_941015.jpg

b0091466_954739.jpg

[PR]
by celeste13zefiro | 2007-12-31 09:56 | MILAN
ゆめのみらん

毎日メルカートの話題でわさわさしている(ただそれだけ)な現在のイタリアサッカー。
大手各局がきっちり冬休みなのに、相変わらずローカルはぎりぎりまで通常通りの番組強行。で、やっぱりメルカートの話(笑)。

その中で、MILAN DEI SOGNI(夢のミラン)ていうフォーメーションを予想している。
夢という名の、マスコミが噂してるとおりに移籍が成功した場合の新ミランのこと。

いやこういうのは、メルカートで大物選手獲得とかそうじゃないとかっていう騒ぎになってるときに必ず出てくるもので、全くの「夢」であり、現実性は望んではいかんのですが。

で、こんな感じ。

           FREY
     NESTA      KALADZE
ZAMBROTTA           JANKULOVSKI
           PIRLO
    GATTUSO     AMBROSINI

     KAKA'      RONALDINHO
          INZAGHI
          (PATO)

笑ったのは・・・夢のミランに、インザーギ34歳いつまでもごる星人がきっちり入っていること。いくら私が彼の応援隊だといえ。
ロナウドが来たときはロナウドだったのであり、その前は期待されていたジラルディーノだった・・・いつからこんなに大信頼されるようになったんだろう。

言えることはひとつ。
彼が、自分で結果を出したからこそ得た価値であるということだ。


************************************

そういえば、↓のFORZA MILAN, YOKOHAMA SPECIALには、ミランがIntercontinentaleに出場してきた記録が載っている。
ずーっとミランやカルチョを追ってきたファンは覚えてるだろうし、日本で出版されてる特集なんかにも取り上げられてるかとも思うけど、自分のために、当時のスタメンを並べてみる。


1963年10月16日(Milano, San Siro)
MILAN-SANTOS 4-2
Ghezzi, David, Trebbi, Trapattoni, C Maldini, Pelagalli, Mora, Lodetti, Altafini, Rivera, Amarildo
監督Carniglia

Santosではペレが出場。

1963年11月14日(Rio de Janeiro, Maracana')
SANTOS-MILAN 4-2
↑に同じメンバー


1963年11月16日(Maracana')
SANTOS-MILAN 1-0
↑の2戦の結果により、決定戦を行うことに。
Balzarini, Pelagalli, Trebbi, Benitez, C Maldini, Trapattoni, Mora, Lodetti, Altafini, Amarildo, Fortunato


1969年10月8日(Milano, San Siro)
MILAN-ESTUDIANTES 3-0
Cudicini, Malatrasi, Anquilletti, Rosato, Schnellinger, Lodetti, Rivera, Fogli, Sormani, Combin, Prati
監督Rocco

1969年10月22日(Buenos Aires, Bombonera)
ESTUDIANTES-MILAN 2-1


1989年12月17日(Tokyo, National Stadium)
MILAN-ATL. NAC. MEDELLIN 1-0
Galli, Tassotti, P Maldini, Fuser, Costacurta, Baresi, Donadoni, Rijkaard Van Basten, Ancelotti, Massaro
監督Sacchi


1990年12月9日(Tokyo, National Stadium)
MILAN-OLIMPIA ASUNCION 3-0
Pazzagli, Tassotti, P Maldini, Carbone, Costacurta, Baresi, Donadoni, Rijkaard, Van Basten, Gullit, Stroppa,
監督Sacchi


1993年12月12日(Tokyo, National Stadium)
SAO PAULO-MILAN 3-2
Rossi, Panucci, P Maldini, Albertini, Costacurta, Baresi, Donadoni, Desailly, Papin, Massaro, Raducioiu,
監督Capello



1994年12月1日(Tokyo, National Stadium)
VELEZ SARSFIELD-MILAN 2-0
Rossi, Tassotti, P Maldini, Albertini, Costacurta, Baresi, Donadoni, Desailly, Boban, Savicevic, Massaro
監督Capello

(数週間前にIl Giornaleで読んだチームマネージャーRamaccioniのインタビュー。彼はずーっとミランの傍らにいてピッチやロッカールームの姿を眺めてきた人だけど、この試合、カペッロは何としてもIntercontinentaleを獲得したく必死だったけれど、選手たちはもう彼の言うことを全然聞かなくなっていて、とてもまとまった試合ができる状態ではなかったそう)


2003年12月14日(Yokohama, International Stadium)
MILAN-BOCA JUNIORS 1-1 PK戦 1-3
Dida, Cafu, Costacurta, P Maldini, Pancaro, Gattuso, Pirlo, Seedorf, Kaka', Shevchenko, Tomasson
監督Ancelotti



2007年12月16日(Yokohama, International Stadium)
BOCA JUNIORS-MILAN 2-4
Dida, Bonera, Nesta, Kaladze, Maldini, Gattuso, Pirlo, Ambrosini, Kaka', Seedorf, Inzaghi
監督Ancelotti
b0091466_22135136.jpg

b0091466_21491785.jpg

記事写真はForza Milan12月号から。
1990年の偉業と、秋葉原電気街(?)を闊歩する選手たち。
Coppaを掲げているBaresiは1989年の。


b0091466_2151658.jpg

夢を見せてくれたミランでありました。


おまけに~♪ またYOKOHAMA応援ひとつ追加。 ありがとう!
応援幕 YOKOHAMA編 2007
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-12-30 22:03 | MILAN
FORZA MILAN, YOKOHAMA SPECIAL
b0091466_557234.jpg
知らなかった。いつの間にか、というかきっと急遽決定したんだと思うけど、FORZA MILANのYOKOHAMA特別号が出ていた。

きゃ~~ヾ(@† ▽ †@)ノ   とか踊りながら買い・・・


うぅ、うぅ、ぅ・・・
ちゃんと表紙に写ってるし、真ん中だし・・・とか喜びにむせび泣きつつ


家で慌てて広げたら・・・


・・・ネスタの貴重なショットは無く・・・
       (Tutti Pazzi per...に教えてくれた、パンツ姿のことだべ、もちろん!)


ほとんどの写真は、ミランオフィシャルとかで見つかるものでした~・・・


でも、記念にいくつかのデジカメ画像を貼っておく。


裏表紙。
なにげに、この日本地図に感動しちゃったゲンキンな日本国民がここに。
b0091466_559425.jpg


ごるショット。この角度って、Webで出てたっけ?
b0091466_611478.jpg


ネスタとピッポのらぶらぶ(?)シーン。ピッポ、ベンチに歓迎される(笑)。
b0091466_623269.jpg



Coppaをカピタンが高く掲げました・・・やっぱし、ここで、吹っ飛ばされてしまってるネスタは、彼らしく「切れてる」くん状態。あはは、あはは、あはは・・・
b0091466_64136.jpg




つか、嬉しいショットはなんも期待できまへん。パンツはジラルディーノだけ。
何をやってんだ、編集部!?!凸(▼"▼#)凸(▼"▼#)


追記:
ネットに出てないと思われるもので、デジカメ撮影に耐えうる大き目の数枚。
b0091466_5442114.jpg
b0091466_5445993.jpg
b0091466_5454442.jpg
b0091466_5462576.jpg

[PR]
by celeste13zefiro | 2007-12-29 06:11 | MILAN
だから・・・デキてるのです
すでにYOKOHAMAで証明済みだったが・・・
b0091466_2115179.jpg
b0091466_21162962.jpg
b0091466_21173629.jpg

このツーショットなら、ファンも安心(〃 ̄∇ ̄)ノ彡
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-12-28 21:20 | NESTA
IO C'ERO
カンピオナートはもちろんお休み、新聞やいくつかのスポーツWebサイトも年末年始休暇に入り、何もニュースがあるわけでなし。
だから、これは走り書き・・・て感じ。

有難いことに、コメントやメールで、試合や練習見学、ホテルへ彼らを見に行ってのいろんなお話をいただいて楽しい余韻の毎日を過ごしていますが・・・ひとつの言葉で、わかってはいるけど、「あぁそうだよね」と、改めて思ったので。

*****************


ワールドカップ2006で、ドイツから毎日ニュースを伝えていた民放の著名なジャーナリストが、優勝の晩だったかな、ベルリン&Duisburg(イタリアチームの大会中滞在地)から最後のレポートを語ったあと、締めに:

これで私は一生、こう言えるのです。『Io c'ero』と・・・



・・・あぁ~・・・いい言葉だなーと、思いました。

Io c'ero・・・これはイタリア語で「私はそこにいた

実際にそのシーンを見ていた者だけが言える言葉。特権。



メールくださったおともだち(しかも遠方からYOKOHAMA入り)が、書いてらしたのでした。

「私は、Maldiniがトロフィーを掲げた時、そこにいたということが満足です」



そのとき、スタジアムで見ていた皆さんはもちろん、リアルタイムでTVや何やでこの歴史的瞬間を追えたこと、幸せだと改めて思ったわけでした。

Zefiro Home
b0091466_837348.jpg
b0091466_8375994.jpg



追記:
言うまでもないけれど、ワールドカップでのこのイタリア人ジャーナリストの「私はそこにいた」発言の重み。考えてみるといい。2006の前の優勝は、24年前なんだから。てことは、これから24年はもう優勝シーンが見られないかもしれないことを覚悟しての「私はそこに、いた!」なのである。

YOKOHAMA2007。皆さんのそれも考えてみるといい。インテル派ジャーナリストで30代40代の人は、「私はそこにいた」どころか、優勝という事実を経験したことが無いのである。チャンピョンズ決勝を5年間に3回も目にし、そのうち2回は優勝、そして今、世界一なミラン。

・・・だから「IO C'ERO・私はそこにいた」は、重いんである。果てしなく。
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-12-27 06:50 | CALCIO
ふー いず ざ べすと ぷれいやー?
巷はクリスマスです。カンピオナートが冬休みに入ったため、サッカー番組やスポーツニュースも同時に休み・または縮小放映。
ローカルの、いつもの時間にはサッカーニュース流さないと思ってたのに、ちらっとチャンネル回してみたら、なんとYOKOHAMAであのクリスティアーノ・ルーイウくんが取材した特集番組やっていた。

その中のひとこま。
ボカとの決勝、スタジアムの外で試合前、日本人のファンに質問している。
女性4~5人のグループ・・・年齢は、ま、私くらいと言っておこう。
(私より若かったら御免・笑)

彼は最初にイタリアのTVだと言ったのかどうか、それはわからない。とにかく英語で声をかけている。
女性たちが「きゃー、イタリア、イタリア語が・・・」とはしゃぐ。

Ruiu:
「君たちはミランのファン?」

女性たち声を揃え:
「ぃえ~~す!」

Ruiu:
「Who is the best player of Milan?」

「え、え・・・」

女性1:
「・・・まるでぃ~に!」

女性2:大きく頷き
「マルディーニ~!」

誰かが「カカ’!」とも言っている。

クリスティアーノくんはもう一人にマイクを向ける。
と、その女性・・・

み ぴあーちぇ ねすた!




ひあ~~~~~ヾ(@† ▽ †@)ノ


ここで、ここで「ネスタ」つうファンが出てくるかー!
しかも、英語で質問されてるのに、きっちりイタリア語で返している。

MI PIACE NESTA
つまり「私はネスタが好き」である。

「誰がベストプレイヤー?」と訊かれているのに、その力強さ!(爆)


その勢いで他の女性たちも「あれっさんどろ~~!」「ねすた、ねすた!」と叫ぶ。


で、クリスティアーノ記者が訊く。
「INZAGHI?」


・・・思い出したように全員が慌てて頷いて:
「ぃえ~~ぃえ~!ピッポ、ピッポピッポ!」


わっはっは。
記者に言われるまで、かのPippo Inzaghiの名が出てこないっていう、このいろんな意味でナイスなファンの方々、最高!

カカ’より先に、「まるでぃ~に!」ていうのがむちゃむちゃいいわ。


たとえ全体ではカカ’が一番人気であろうが、ピッポであろうが、ピルロでも、それはいいのだ。
こういうふうに、「まるでぃ~に!」「ねすた~!」というファンがちゃーんと存在するということが彼にわかったこと、しかもその部分が、映像として取り上げられたってことが!


いやー。「み ぴあーちぇ ねすた」のお姉さん。大好きです。

この女性グループが、Zefiro見てくれてるファンかどうかはわからないけれど、御礼を言っておきたい(笑)。


ちょうどこの日に嬉しいシーンを見せてもらえた私は、なんだか思わぬクリスマスプレゼントをもらったような気分でありました!


VIVA TIFOSI GIAPPONESI!!!


あ、そして「誰がゴール決めると思う?」ていう質問にはもちろん:
「ピッポピッポ」
「カカ’」
と、彼女たち。

・・・で、その通りになりました。

・・・ネスタも決めた!

あ~~YOKOHAMAの夜は輝く!


           ・・・・・・そしてYOKOHAMAの思い出も輝き続ける・・・
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-12-26 00:14 | MILAN
Inter戦Pagelle新聞各紙
b0091466_8185686.jpg
Corriere della Sera
ネスタとカラーゼ、最高の仕事


Dida:4  Oddo:5.5  Nesta:7.5  Kaladze:7  Maldini:5.5  Gattuso:5.5  Pirlo:7  Ambrosini:6  Kaka':6.5  Seedorf:5  Inzaghi:6  Emerson:5  Gilardino:5.5  Serginho:5
Ancelotti:6.5

NESTA;7.5
彼のエリアを誰も突破することはできない。イブラヒモヴィッチとの決闘はデルビーの醍醐味、スウェーデン人はこのロッソネーロのディフェンソーレの前を全く抜けられず、唯一のチャンスもそのシュートは高く。
しばしば相手に先立ち;また2-2の可能性もあったゴールチャンス、それはBocaの試合のものにも似ていた、がそこにはマテラッツィが。
最高のコンディションで今年を締める。

Kaladze:7
コンディション抜群。イブラヒモヴィッチはセンターを抜けるのに苦労する。唯一のミス、ヒメネスのシュート。

Maldini:5.5
54度目のデルビーにシミ:あのヘッドがカンビアッソの左へ落ちてしまう。それ以外は堅実な試合。

Gattuso:5.5
Yokohamaで受けた足首の故障から回復が間に合わず、試合前半しか耐えられない。

Pirlo:7
強力かつ引き締まった19mからのFKは素晴らしく、とても掴めるものではない。ミラニスタとして14個目のFK。試合最後までプレイ、いくつかのシーンでは、より良い結果に繋がってもよかったはず。

Inzagh:6
すぐにゴールチャンス。先制となるFKを獲得、キレのあるいくつかのプレイを見せる。足首を故障して試合後半からジラルディーノに交代。

Ancelotti:6.5
もしディダがミスしたとしても彼に責任は無い。ミランの4~5人のカンピオーネを配置し、最後の最後まで戦う。



La Gazzetta dello Sport

Dida:4 リボンをつけてプレゼント
Oddo:5 No Cross, No Party
Nesta:6.5 国境閉鎖
Kaladze:6.5 通行禁止
Maldini:5.5 シミ付きカピターノ
Gattuso:5.5 すっげー、疲れるでねぇかよ、ったく・・・
Pirlo:7 あそこに置く(と考えたら入れる)
Ambrosini:6.5 最後に落ちる(つまり一番最後まで頑張る男)
Kaka':6.5 少しだけどいい仕事
Seedorf:5.5 オランダ人は飛ばない(「飛ぶ(日本語では『さまよえる』オランダ人」という歌劇のパロディ)
Inzaghi:5.5 昼間のバンパイア
Ancelotti:6 やることはやりました

NESTA;6.5
イブラはそこを抜けられず。センターのディフェンスをきっちりと閉め、しかもゴールのチャンス。Tokyoのそれと同じ状況、だがここにはマテラッツィがいる。

Pirlo:7(最優秀)
見事なFKはともかく、唯一彼が試合を指揮しようと努める。MFとしての仕事を着実に、そして彼についてこないチームメイトたちに怒鳴りながら、最後の最後まで戦う。

Inzaghi:5.5
昼間の光では、バンパイアは噛み付くことができない。しかし誰がそれを責められようか。それに、先制となるFKを獲得したのは彼である。



Corriere dello Sport
カンビアッソの“復讐”
ネスタ耐える、オッド悲惨

Nesta:7  Pirlo:6.5  Kaladze:6  Ambrosini:6  Inzaghi:6  Gilardino:6  Serginho:6  Ancelotti:6  Maldini:5.5  Gattuso:5.5  Emerson:5.5 Seedorf:5.5  Kaka':5  Oddo:4.5  Dida:3.5

主審Morganti:5

NESTA;7
彼の性格なインターセプトや多くの嵐(非常に危ない場面)の中での明晰なプレイのおかげで、ぼろぼろな小屋(ミラン)はなんとか地面に立っている。

Pirlo:6.5
アカデミー賞ものシュート。FKのバロンドールは彼。ヒメネスのプッシュに苦しむ。

Inzaghi:6
45分間、仲間にボールをもらえず。にもかかわらず、彼のおかげでピルロのゴールが生まれたのである。

Dida:3.5
最優秀。インテルにとって。



TuttoSport
Dida:4  Oddo:5  Nesta:7  Kaladze:6  Maldini:5  Gattuso:5.5  Emerson:5  Pirlo:6.5  Ambrosini:6  Kaka':6  Seedorf:5.5  Serginho:5.5  Inzaghi:5.5  Gilardino:5.5
Ancelotti:5

NESTA;7
唯一、ただの一度もボールを見失わなかった。唯一、イブラヒモヴィッチとクルスをコントロール。唯一、デルビーがデルビーであるべきエネルギーを見せた。しかしそれが唯一だったため、結局彼の貢献が無駄な結果に。



il Giornale
Dida:2  Oddo:4  Nesta:7.5  Kaladze:7  Maldini:6  Gattuso:5  Pirlo:6.5  Ambrosini:6  Seedorf:5  Kaka':6  Inzaghi:5
Ancelotti:6

NESTA;7.5
この“巨像”に、ミランの顔を潰さぬよう、ディダの扉を壊さぬよう全員がすがりつく。まるで2人目のGKのようにプレイ。敵の攻撃陣を麻酔にかける。

Kaladze:7
必要なのは形とその質:どれも欠けていない。エリア内での防衛体制はきっちり。1本目のゴールには無防備:イブラの罠に嵌められる。

Pirlo:6.5
コレクションもののゴール。試合そのものは、クオリティの高いものとそうでないもののミックス。重要な試合にそうあるべく戦う、しかしインテルの選手たちのフィジカルに苦しめられる。



Controcampo(サッカー番組)
Ibrahimovic:5.5  Kaka':5.5  Julio Cesar:7  Dida:4  Cambiasso:8  Cruz:7.5  Pirlo:7  Jimenez:7  Ambrosini:5.5  Nesta:7.5(ミランで最優秀)
b0091466_8193891.jpg


今週のStriscione
ストックホルムには、「Pizza Maldini」てのがあるらしい~♪

これもおまけにリンクしとく→Striscia Figo
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-12-25 12:49 | Pagelle
クリスマスヴァカンスへ
Gazzettaに載っていた、カルチャトーレたちのヴァカンス記事から抜粋:

ミラノ、2007年12月24日。これは嫁たちが決める、なぜなら今こそ、彼女らの「時」だから。夏と同じく、カンピオナートが終わった(休みに入った)今。再開は1月中旬、少しでもスイッチを切っておかなければ。ここにカルチャトーレたちのヴァカンス先を。Serie Aのほとんどのチームは練習再開が1月2日。特別なケースもあり。カッリアリの会長マッシモ・チェッリーノは12月31日と決定。1日は午後から練習。現在チームの順位を見れば考えることはひとつ:「働け!」

暑いところ:
ミラノからマイアミへ向けての飛行機にはスターがいっぱい。イブラヒモヴィッチ、マテラッツィ+嫁と3人の子供、ネスタ、マルディーニ、ヴィエリ、マウリ、カルドーネ。すでにその地に家を持つ者あり、ゴージャスなホテル滞在の者もあり。

モルディヴ:
こちらも一つのチームが構成できるほどの数。インザーギ兄弟、トッティ+イラリーと息子クリスティアン。シャネル(娘)はおじいちゃんおばあちゃんとお留守番。パヌッチも。ラツィオのロッキも。トルド、ブラージ、バローニオ、ルカレッリ(弟)。デ・ロッシはMauritius。

山:
バカンス先が遠いと、1月初めに間に合わせ帰国するのは難しいと、大勢のカルチャトーレが山を選ぶ。Cortinaにはベッタリーニ(まだカルチャトーレ扱いなのか?)。アクイラーニ、コッラーディ、アマウリ、ボッリエッロ、おそらくアンブロジーニも。フィオレンティーナからパッツィーニ、ダイネッリ、おそらくモントリーヴォも。またラツィオ会長ロティート、インテル監督マンチーニ。Madonna di Campiglioにはガランテ、ジラルディーノ、ボネーラ、バローネ、トーニ。

ヨーロッパ:
欧州の各国首都やニューヨークに発つ者たち:ロジーナ、ジュリー(はラスベガスへも)。デッセーナはロンドン。チガリーニはパリ。オッドはマドリッド。ブラジル人アルゼンチン人選手たちはそれぞれに帰省。ブッフォンはヴァカンス出発無し、息子がもうすぐ生まれるから。
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-12-25 12:48 | GOSSIP
Campionato17  Inter-Milan
b0091466_730156.jpg
b0091466_7304722.jpg
b0091466_7311457.jpg
b0091466_7321113.jpg
b0091466_7323856.jpg
b0091466_733576.jpg

結果は書きたくなかったりするが・・・2-1

クリスマス休暇突入。
[PR]
by celeste13zefiro | 2007-12-24 07:34 | MILAN